FC2ブログ
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

ファイト一発!!

朝までに仕上げなければいけない仕事がある、でもちょっと疲れ気味。
風邪気味で朝から調子悪い、でも大事な会議がある。
こんな時、ドリンク剤を1本グイッと飲むと、不思議と元気が出てくるものです。
でも、なぜこんなに効くのか。
「よしっ飲んだぞ」という心理的作用だけなのでしょうか。

そこで、ドリンク剤の成分を調べてみましょう。
商品によって違いはあるのですが、よく含まれているのは以下のようなものです。
アルコール
カフェイン
ビタミン
生薬
タウリン
糖分
アルコールについては、「アルコール0.9ml以下」などと表示してあります。アルコール入りのものは、飲んですぐ元気になりたいという短期的効果を狙うときに効きます。一種の興奮剤のようなものでしょうあ。ただし、効き目がきれるとドッと疲れが押し寄せてきます。
逆に、ビタミン補給のためとか、体の慢性的な不調をなおしたいなら、アルコールがなくビタミンがたっぷり配合されたものを飲むといいでしょう。
生薬とは、ニンジン、ローヤルゼリー、イカリ草などのこと。強壮強精、食欲増進などの作用があります。
最近よく聞くタウリンはカキなどの食品の中に多く含まれるもので、副作用もなく、積極的に摂ると肝臓の機能を高めてくれるものです。さらに血液中のコレステロールを下げて生活習慣病の予防にも役立つという、いいことづくめのスグレモノという話です。近年、薬や栄養剤にどんどん取り入れられるようになってきています(成分表にはアミノエチルスルホン酸と表示されています)。

さて、時々ドリンク剤を飲んでいると気になる「定常的に飲むことによる害はあるか」という点ですが、成分として含まれているアルコールやカフェインは嗜好品であるため、依存症になる可能性があるとのことです。またドリンク剤には、脳の働きを活性化させる(頭をスッキリさせる)ために、糖分がたくさん含まれているものも多く、毎日飲みつづけると糖尿病につながる可能性もあります。
やはりドリンク剤は、ここ一番の勝負の時に飲むのが正しい使用方法のようです。
オフィス街
(この記事はMSNビューティーの記事を参考にしています。)
スポンサーサイト
 
 

においに気づいてますか

体臭と聞くと、「不潔な生活を送っていると発生する」と思いがちですが、実は体の内面的な問題が原因となっていることが多いのです。におい物質から分類すると、体臭には脂質系、たんぱく質系、糖(炭水化物)系の3種類があります。なかでも、汗臭さを強くしたような脂質系の体臭はストレスが大きな原因と言われています。

また、たんぱく質系の体臭は、アンモニア臭や腐卵臭のようなにおいが特徴的です。「腸肝循環」と関係している場合が多く、便秘や偏った食生活などで肝臓の働きが低下するとにおいの分別機能が悪くなり、“いやなにおい”が血流をめぐり、呼気に混じって口臭を発生させたり、皮膚表面に汗と一緒に排泄されて、体臭となります。ワキガ以外の体臭は、ほとんどが生活習慣の乱れが原因であり、これらを正せば改善されやすいのです。

生活習慣の他に女性に気をつけて欲しいのがダイエット臭です。
食事制限のみで運動を取り入れないダイエットをしていると、体内のエネルギー源である炭水化物やたんぱく質が不足し、基礎代謝が低下状態になります。すると、体内に残っていた中性脂肪を燃焼しようと働きかけるのですが、そのときに中性脂肪がにおいを放つ脂肪酸に変化するため、口臭や体臭がにおいやすくなります。ダイエットをする際は、カロリー計算と同時に基礎代謝をあげる方法を選ぶように心がけてください。

また、全身疲労を感じている状態は、体内の乳酸が増加し、汗中のアンモニアの分泌が盛んになって体臭が強くなる場合があります。リフレッシュをかねた有酸素運動や、ダイエット臭を防ぐ酢、ショウガ、梅干などを摂取しながら体臭を予防しましょう。

生活習慣とダイエット。お風呂に入るという基本的な体臭対策の他にも気をつけることがたくさんありますべ。

ミント
(このブログはMSNビューティーの記事を参照にしています。)

 
 

春眠暁を覚えず

もうそろそろ春ですね。
「春眠暁を覚えず」と諺でもいう通り、ほっこりした季節には眠気が倍増します。
そんな時こそ早寝早起き。それを実行するポイントを紹介します。


1.好きな音楽やラジオ、携帯の着信音など、自分に合った“目覚ましの音”を使う。
2.カーテンを少し開けておいて日光が射すようにするなど、朝の光を目覚ましに活用する。
3.目覚めたときに体が重く感じられたら、手や足先など少しでも動かせる部位を動かして、体温を上昇させる。
4.冷水で洗顔する。冷水が苦手な人は、清涼感のある洗顔料を使い、ぬるま湯で洗えばOK。「さっぱりできた」と実感することが大事。
5.朝食には、「脳のエネルギー源となる糖類(おにぎり、パン、バナナなど)」「体温を上昇させるタンパク質(牛乳、チーズ、ヨーグルト、卵など)」を摂るようにする。


1.布団に入る3時間前には夕食を済ませる。
2.入浴時はぬるめのお湯(40度くらい)に30分ほど浸かる。
3.入眠時刻~2時間前は、部屋の明かりを控えめ(200ルクス以下)にして過ごす。
4.「ストレッチをする」「ホットミルクを飲む」など、毎日一定の“入眠儀式”を行う。条件反射的に眠りやすくなる効果がある。
5.敷布団は、立っているときと同じ背骨のラインをキープできる固さが理想。掛け布団は保温性と軽さに優れた羽毛布団が良い 。
枕
(このブログはMSNビューティーの記事をを参考にしています。)
 
 

コーヒーで動脈硬化防止

動脈硬化の抑制などに効果があるとされるポリフェノール。
赤ワインやココアなどに含まれていることは広く知られている。しかし、コーヒーにも赤ワインに匹敵する量のポリフェノールが含まれ、一日の食生活の中で仕事の合間や食後に飲むコーヒーから最も多くのポリフェノールが摂取されていることが研究で明らかになりました。
飲み物100ミリリットル当たりに含まれるポリフェノールの量は、赤ワインが濃さによって150~300ミリグラムで平均すると230ミリグラムほど。これに対してコーヒーには200ミリグラムのポリフェノールが含まれ、緑茶は115ミリグラム前後ということです。
9000人を対象にした飲み物の摂取量調査や109人を抽出した詳細な調査からポリフェノール摂取量を調べたところ、1日に取るポリフェノールのうち8割が飲み物からで、食べ物からは2割。さらに、飲み物から摂取しているポリフェノールの半分がコーヒーからによるものだったという結果が出ています。
これまでの研究では赤ワインやココア、お茶などに含まれるポリフェノールの坑酸化作用などが調べられてきたが、赤ワインの場合はアルコール、ココアの場合はカロリーが問題となります。コーヒーの場合も飲むときに入れるミルクと砂糖の影響が心配されるので、「ブラック」で試してみるのが正解でしょう。
コーヒー
(このブログは産経新聞2010/03/02の記事を参考にしています。)
 
 

お口のにおい

日本人はとてもキレイ好きで有名です。特ににおいを嫌う民族です。そのなかでも、気にするにおいといえば口臭です。
しかも、「隣の人の口臭を気にする」よりも、「自分の口臭が気になる」人のほうが多くなってきているのが現状です。ある調査によると、「結婚したくない相手」の1位は「口臭のある人」だったそうです。
また、あるメーカーが行った調査によると、全体の79.1%の人が「周囲の人は自分のにおいを感じているのだろうと不安になる」のだそうです。また、「自分はにおいに敏感なほうだと思う」という人は全体で61.2%、女性では70.2%という結果があります。
あなたは、においを気にしますか?

そこで、口臭のセルフチェックです。
1.コップに息を吹きかける。
コップに息を吹きかけてふたをし、一呼吸置いてからコップのにおいを嗅いでみる。少しでも異臭がしたら要注意。朝、起きぬけに試してみるとよい。
2.舌苔がないか。
舌の表面に舌苔がついているなら、それをタオルでふき取りにおいを嗅いでみる。舌苔の色は、白色や黄色など、人によってまちまち。
3.歯垢染めやデンタルフロスを使う。
歯垢だけを染める液(薬局で市販されている)を使って、歯垢が残っていないかを確認する。デンタルフロスで歯と歯の間、特に根元のほうをよくこすってからにおいを嗅いでみる。鼻をつくにおいがしたら注意。
4.市販の口臭判定器を使う。
判定器に息を吹きかけると悪臭をキャッチする仕組み。ただし、あくまでもその瞬間のにおいなので、時間が経てば変化することも。
5.人ににおいを嗅いでもらう。
やっぱり、人ににおいを嗅いでもらうのが手っ取り早い。家族に何人か集まってもらってそっと息を吹きかけ、においを嗅いでもらおう。
噛む
(このブログはMSNビューティーの記事を参考にしています。)
 

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。