スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

酒は飲んでも飲まれるな

師走も半ばを過ぎ、忘年会シーズンもたけなわです。
この機会にアルコールとの付き合い方を考えてみましょう。

現在、国内にはアルコール依存症患者の数が約80万人、隠れアルコール依存症の人は450万人にも上るといわれ、過去20年間で女性の患者が増えているといいます。その理由としては、女性をターゲットにした飲みやすいお酒や安価な商品が増えたことが影響しているとも考えられます。

アルコール依存前期の人は、仕事でプレッシャーがかかっていたり、ストレスが溜まっているとお酒を飲んでしまうのですが、後期になってくると大事なときでもなんらかの理由をつけて飲むようになります。飲酒を禁止された場合、前期では「ちょっとぐらいなら平気なのにうるさいなぁ」と文句を言いつつも抑えられますが、後期になると「わかった」と言いつつも抑えきれずに、相手の目を盗んで飲んでしまいます。
こういった変化からも、依存症の深刻度を伺い知ることができます。

帰宅前や出勤前に酒臭さを消そうとしたり、気づかれないように努力するなど、飲んだことに自覚があるうえで、ごまかそうとするのが隠れアルコール依存の特徴です。つまり、依存していることを否認したがる傾向があります。さらに、酒を飲んで暴言や暴力、セクハラ、お酒が原因での遅刻、無断欠勤など、対人関係や社会人としてのマナーや秩序を乱すような行為に及ぶと、依存症の危険性が高いです。

一度でも記憶をなくす(ブラックアウト)ような飲み方をすると、人間らしい思考や認知機能をともなう脳の神経細胞が傷ついたり死んだりして、脳全体が萎縮してしまう危険があるので要注意です。そのような飲み方を繰り返し、ダメージを与え続けると10~20年後に依存症になる確率が高いので、これらの傾向にある人は“お酒の飲み方”を今一度考えてみてほしいと思います。

ビールと枝豆

(このブログはMSNビューティーの記事を参考にしています。)
スポンサーサイト
 
 

依存症

これまで、日本で漠然と○○中毒、依存症と言われていた、自分を破滅に導くような悪習慣。10年ぐらい前から、主にアルコール問題などにかかわっている専門家の間で嗜癖(アディクション)と言われるようになったようです。
では、嗜癖とは以下の様なステップで深刻化していきます。

<Step1>
「ストレス解消してリラックスしたい」
「かっこよく見せたい」など、自分を向上させたいという動機で始めることが多数です。

<Step2>
習慣を繰り返すうちに、陶酔(快体験)を感じるようになります。
「こんなときたばこを吸えばいいんだ」ということを体が覚え始めます。

<Step3>
「ストレス解消のために始めたのに、それがないとかえってストレスがたまってしまう」など、習慣を続けるうちにそれ自体が目的になってしまう状態。
自分の意志では簡単にブレーキがかけられない状態を嗜癖と言います。

<Step4>
最終的に、嗜癖が自分を傷つけます。
もちろん、嗜癖の対象によって早い遅いの違いはあります。体質の違いもあるでしょう。でも、自分は大丈夫と必ず言いきれるでしょうか。
ある日突然、致命的な宣告を受けることだってありえます。

嗜癖には以下の様な種類があります。

●物質嗜癖
たばこ、アルコール、食べ物、薬物など、物質に執着して依存していくことです。
嗜癖の中ではもっともわかりやすく、当てはまる人も多いはずです。
例えば、アルコール依存症は日本には250万人いると推測されていますが、そのほとんどが中年サラリーマンではないかと言われています。統計的には40代後半がもっとも多いようです。

●行為過程嗜癖
最初に述べたパチンコなど、ギャンブル依存症が典型的です。
このほか、最近話題になっている、必要でないものまで何でも買ってしまう買い物依存症。のぞきや痴漢、盗癖、家庭内で繰り返される暴力なども同じです。もちろん、ギャンブルにしても買い物にしても、たまにしかやらないとか、財布と相談しながら計画的にしている場合は別です。お金のかかる趣味が、すべて嗜癖というわけではない

●関係嗜癖
この嗜癖のことを「共依存症」ともいいます。
アルコール依存症の夫を持つ妻たちの中には、夫が飲み代で生活費を使い果たし、酔いつぶれて暴言や暴力をぶつけても、彼らから決して離れようとせず、夫の世話をやくのが生きがいになっている人がいるそうです。
このように、ある特定の人との人間関係に依存し、世話を焼くことでしか自分の価値を認められないことをいいます。
子どもの成績を病的に気にし、塾やおけいこ通いに奔走する母親もこのケースにあてはまるかも知れません。

オフィス街

(このブログはMSNビューティーの記事を参考にしています。)
 
 

お掃除で気分リフレッシュ

仕事が煮詰まった時、忙しい時、無性に掃除がしたくなる時がありませんか。
無心に掃除をする行為には、脳内をリセットを働きがあり、部屋がきれいになるにつれ、心もすっきりします。

以下の項目をチェックしてみましょう。

・ふと気づくといらいらしている。
・最近、忙しいと感じることが多い。
・机の上に書類が山積みになっていたり、イスに洋服がかけたままになっている。
・洗面所の蛇口や鏡が曇っている。
・しばらく物を捨てていない。
・夜ぐっすり眠れない。

・最近落ち込んでいる。
・やる気が出ない。
・机の上や部屋に誇りがたまっている。
・ゴミが放置されている。
・しばらく掃除をしていない。
・午前中が苦手。

どうでしたか。
Aが多い人はいらいらタイプです。夜の掃除で心を落ち着けるのが向いています。
Bが多い人は落ち込みタイプで、朝の掃除で気分をさっぱりさせるのが向いています。

掃除で気分をリフレッシュ。
気分もすっきり、部屋もすっきりで一挙両得です。

眠り猫

(このブログは2009/05/02日経新聞の記事を参考にしています。)
 
 

心とビタミンとミネラル

ビタミン・ミネラルが不足していると、脳のはたらきが悪くなり、気分の浮き沈みがあり、うつ状態になりやすいことがわかっています。もしビタミン・ミネラル類を補給するとしても、一種類だけとればよいというわけではありません。バランスのとれた食生活を心がけたうえで、マルチビタミン・ミネラルを利用し、まんべんなく補給するようにしましょう。

≪ビタミン・ミネラルの欠乏によりおこるストレス・神経症状≫
ビタミン

ビタミンB1(脳の中枢神経を正常に保つ)気分がふさぐ、疲労、精神不安定、集中力・協調性欠如
ビタミンB6(神経伝達物質の合成にかかわる) 神経過敏、不眠
ビタミンB12(神経系を正常にはたらかせる) 記憶力・集中力の低下、ふさぎこむ、体がだるい
ビタミンC(外部からの刺激に対する免疫力を強化する)疲労感や脱力感を感じる、神経失調
パントテン酸(自律神経のはたらきを維持する)副腎皮質ホルモンの合成に必要 怒りっぽくなる
ビオチン(疲労感を感じさせないはたらきがある)憂うつ、無気力
ミネラル
カルシウム(神経の興奮をしずめ、精神が安定する)イライラする
カリウム(体内の老廃物を排泄し、血圧を下げる作用がある)やる気をなくす
マグネシウム(血液を固まりにくくし、体温・血圧を調節する)うつ状態、集中力低下、イライラ
鉄(体内において酸素の運搬をして神経を正常に保つ)集中力・思考力の低下
亜鉛(肝臓で生産される抗ストレス物質の原料となる) うつ状態、情緒不安定

こねこ

(このブログはMSNビューティーの記事を参照にしています。)
 
 

笑いで花粉症に勝つ!!

いやな季節がやってきました。花粉症のシーズン到来!!

心のストレスも花粉症などのアレルギー因子の大きな1つと考えられています。免疫と心(脳神経系)が密接に結びついているのではないか?との研究が進んでいるます。

免疫細胞は脳の信号を受け取ることができるといわれており、免疫系と脳神経系の科学的なレベルでの相関関係も最近、分かってきています。

実際、以下のようなケースが報告されています。

ケース1(アメリカ)
奥さんと死別した男性。 リンパ球の増殖が著しく低下し、免疫力が落ちた。死別から1~2カ月が、最も低下。回復するまで1年かかった。

ケース2(日本)
スギ花粉症の女性。抗アレルギー薬に加え、カウンセリングにより精神安定剤を処方すると、症状が軽減した。

アレルギーだけでなく、ウイルスや細菌、がんなど、人間の「病気」の多くは、免疫機能が関係していまる。こうしたことが解明されるにつれ、心のストレス解消の重要さが、今後ますますクローズアップされてくるでしょう。

実は笑い免疫力をアップさせることは調査レベルでは明らかになっています。
大阪の吉本興業の「グランド花月」で、笑いと健康についての実験が行われました。漫才、落語、新喜劇を見た直後、血液検査を行うと…?

◆18人中14人が、白血球のひとつ、リンパ球のナチュラルキラー(NK)細胞の活性値が上昇 。
免疫力のバランスを示す指標値についても、ほとんどの人が正常範囲に近づいた。
◆また、「笑い」が交感神経と副交感神経を適度に刺激して、両者がバランス良くはたらくようになり、自律神経も活性化。

心で作る免疫力アップ作戦 「笑う生活」試してみませんか。

スキンケア

(このブログはMSNビューティーの記事を参考にしています。)
 

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。