FC2ブログ
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

骨ケア

骨粗しょう症はほとんど自覚症状がなく、気付いたときにはもう骨がスカスカになってしまった状態のことです。
そして、女性は閉経後はホルモンの関係で、骨密度が一気に下がる傾向にあります。
加齢によって下がってゆく骨密度をどれだけ下げ止まらせることができるかが重要。
つまり、骨の成長期にあたる30代で、いかに骨密度のピークを高く持っていくかが大切。ピーク値ます。骨粗しょう症は高齢者の病気というイメージが強く、20代30代で骨密度を測る人はあまり多くないですが、むしろ若いうちに一度測って、自分の骨の状態を知っておくことは重要です。40代、50代で骨密度が低下しているとわかっても、そこから増やしていくのは大変です。でも、30代ならまだまだやり直しができます。是非一度骨密度を測りましょう。骨ケアは若いうちから始めてこそ効果的です。
骨にはカルシウムが欠かせません。成人では1日に600mg以上のカルシウムが必要ですが、残念ながらカルシウムはどんな食品にもたっぷり含まれているわけではなく、さらに吸収率もあまりよくありません。普段から心してカルシウム摂取につとめてください。
骨ケアにも運動は欠かせません。運動して骨に負荷をかけることで骨に電気が走り、カルシウムが沈着しやすくなるのです。また筋肉が強化されて骨を保護し、骨折しにくくなるという面もあります。若い頃から運動を続けてきた人や、日常生活で体をよく動かしている人は骨密度が高いというデータもあります。
骨ケアには激しすぎる運動でなければ、どんなものでもOKです。毎日できるような運動を長続きさせることが肝心です。これから何か始めるとしたら、ウォーキングがオススメです。地球にはたらく重力で、歩くだけでしっかり骨に負荷をかけることができます。1日1時間を目標に、それがムリならせめて30分多めに歩くことを続けてみましょう。
歩く
(このブログはMSNビューティーの記事を参考にしています。)
スポンサーサイト
 
 

冷え性にはショウガ

すっかり秋が深まってきました。
そうすると気になるのが「冷え」。
体感として辛いのはもちろんですが、カラダが冷えると内臓の働きも落ち、肌アレや便秘といったトラブルも招きかねません。
最近若い女性に増えている子宮系のトラブルも冷えが最大の原因です。しかし、可愛い靴を履きたかったり、ミニスカートに惹かれたりするのはもはや女の性ですから、それを諦めるわけにはいきません。
そこで、「お湯さえ沸かせばすぐ飲める、ぽかぽかドリンク」の作り方を披露します。

材料はショウガとハチミツだけ。
1.ショウガを薄くスライスします。
2.ショウガをタッパーに入れたらて、かぶるくらいハチミツを入れる。
3.これを1日寝かせる。
あとはこれを5倍程度にお湯に溶かすだけ。
ショウガのカラダを温める効果ってすごいもので、飲んだ直後からカラダがカーッとするのがわかります。
好みでレモンを入れれば美肌効果もアップするし、便秘に悩む方ならハチミツの代わりにオリゴ糖を使うのもおすすめです。夏なら炭酸で割れば自家製のジンジャーエールになります。
タッパーに作りおきしておけば、1週間くらい保存が可能です。
常備しておくと、寒い朝に内側からホカホカに温まるので、ぜひ試してみてください。
しょうが
(このブログはMSNビューティーの記事を参考にしています。)
 
 

便秘チェック

便秘とは、「食べ物のカス(便)が長く腸内にとどまっているために、水分が吸収されて固くなり、排便しにくくなる状態」のことです。一般的には3日以上便通がない場合をいいますが、たとえ毎日便通があったとしても、便秘を疑った方がいいケースもあります。さっそくチェックしてみましょう。

便を出すのが苦しい・辛い
便が出るまでお腹が張って苦しい感じが続く。便が出そうな感じなのに、トイレでいきんでもなかなか出ない。出るときにお尻が痛むことがある。

便が固い
便がコチコチに固い。鹿のふんのようにコロコロしている

残便感がある
便が全部出きっていないような、何かスッキリしない感じのことを残便感という。この感じが毎回ある人は、便秘のほか、大腸がんなどの大きな疾患の可能性もあるので、1度、病院で検査を受けることをお薦め。

さて、あなたの便通には「苦・固・残」がありますか。

いつもいつもこんな感じ
いつもいつもこんな感じというあなたはかなりガンコな便秘症。このまま放っておくと体にいろんな不調が出る可能性があるので、ぜひぜひ便秘解消の努力をしてください。

ときどき固い便が出る、ときどき残便感がある
ときどき固い便が出る、ときどき残便感があるなどというあなたは、いわゆる「便秘気味」の状態です。このまま便秘になりやすい生活を続けていれば、便秘はガンコになるばかりです。普段の生活を1度見直してみましょう。

「苦・固・残」なんて経験はない
「苦・固・残」なんて経験はないというあなたは、今の世には珍しい(?)快便さんです。でも、ここで安心せず「便秘生活度チェック」ものぞいてください。心当たりが多い人には、便秘はいつ来てもおかしくないですよ。

花
(このブログはMSNビューティーの記事を参考にしています。)
 
 

女性にも多い薄毛

最近、抜け毛や薄毛の悩みで来院する患者層の4割が20~30代だそうです。中年層であれば、加齢による原因が考えられますが、本来、毛根や毛髪自体は健康なはずの年代の脱毛症の原因には、生活習慣やホルモンのバランスの乱れが大きく影響していると考えられています。
現代の20~30代の女性のなかには、ホルモンバランスの乱れによって血流が悪くなり、加齢と同じような脱毛の症状が出るのが、最近の傾向です。化粧前に鏡越しに、顔周りの髪の生え際や頭のてっぺんあたりが薄くなっているのに気づいたら、脱毛症の予兆と捉えたほうがいいかもしれません。

女性の場合の頭皮トラブルは、ホルモンと血流のバランスの悪さが最も大きな原因となっているので、まずは生活習慣を見直すことが必要です。

最初に見直すべきポイントは「睡眠」。
夜は日付が変わる前にベッドに入り、質のいい睡眠を取ることが重要です。髪は副交感神経が働き、成長ホルモンの分泌が盛んになる睡眠中に伸びるため、早寝早起きの規則正しい生活はとても大切なです。

次に見直すべきポイントは「栄養」。
食生活においてはバランスよく食べることを意識してください。脂っこいものはなるべく控えて、ビタミンやミネラル、良質なたんぱく質を積極的に摂取するように心掛けましょう。食事の栄養が偏りがちなときはサプリメントで補うのも有効です。
また、たばこの喫煙は血管を収縮させ、血流を悪化させてしまいます。摂取した栄養素の吸収を妨げてしまうので、愛煙家の人は用心をしてください。

ダリア

(このブログはMSNビューティーの記事を参考にしています。)

 
 

頸肩腕症候群

“疲れ”といっても、基本的に疲労は睡眠や休養を取れば回復するもの。ところが、日々の疲れが取れずに蓄積する、慢性的な疲労が問題になっています。こうした働き過ぎによる“過労性疾患”は、頸肩腕(けいけんわん)症候群、腰痛、自律神経失調症を招きます。特に、頸肩腕症候群は長時間のパソコン操作などで首筋や肩がひどくこる症状。普通は肩こりで終わりますが、無理を続けると痛みやだるさを感じるようになります。長時間パソコン操作を行う事務職、そして几帳面な性格で、男性よりも筋力がない、働く女性がなりやすい病気なので注意が必要です。
頸肩腕症候群になると、慢性的な首肩の痛みを感じ、すぐ疲れるようになります。症状が悪化すると、こりや痛みが全身にひろがり、握力や背筋力が低下。重症になると、重い物が持てなくなり、仕事はもちろん家事さえもできないようになります。そして、家にこもってくすぶり続け、生活に新鮮さが感じられないようになるのです。こうした重症患者の中には、休業治療を行っても5年以上働くことができない人もいると言います。
単なる肩こりや疲れだと思って放っておくと、頸肩腕症候群は突然発症するので、早めに専門医に診てもらおうことが大切。また、頸肩腕症候群はMRIやレントゲン画像に写るものではないので、整形外科や神経内科ではなく、職業病に対応する医師に診てもらうとよいでしょう。
頸肩腕症候群と診断されたら、仕事量を減らして業務を軽減するか、会社を完全に休業して療養に専念することになります。療養時は睡眠を充分に取り、入浴やマッサージ等を行い、心をリラックスさせることに努めます。また、頸肩腕症候群は他の病気を併発していることが多いので、不眠症の場合は睡眠薬、冷え性なら漢方薬、そして慢性痛の場合は抗うつ剤や精神安定剤を用いることもあります。
花
(このブログはMSNビューティーの記事を参考にしています。)
 

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。