スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

ファイト一発!!

朝までに仕上げなければいけない仕事がある、でもちょっと疲れ気味。
風邪気味で朝から調子悪い、でも大事な会議がある。
こんな時、ドリンク剤を1本グイッと飲むと、不思議と元気が出てくるものです。
でも、なぜこんなに効くのか。
「よしっ飲んだぞ」という心理的作用だけなのでしょうか。

そこで、ドリンク剤の成分を調べてみましょう。
商品によって違いはあるのですが、よく含まれているのは以下のようなものです。
アルコール
カフェイン
ビタミン
生薬
タウリン
糖分
アルコールについては、「アルコール0.9ml以下」などと表示してあります。アルコール入りのものは、飲んですぐ元気になりたいという短期的効果を狙うときに効きます。一種の興奮剤のようなものでしょうあ。ただし、効き目がきれるとドッと疲れが押し寄せてきます。
逆に、ビタミン補給のためとか、体の慢性的な不調をなおしたいなら、アルコールがなくビタミンがたっぷり配合されたものを飲むといいでしょう。
生薬とは、ニンジン、ローヤルゼリー、イカリ草などのこと。強壮強精、食欲増進などの作用があります。
最近よく聞くタウリンはカキなどの食品の中に多く含まれるもので、副作用もなく、積極的に摂ると肝臓の機能を高めてくれるものです。さらに血液中のコレステロールを下げて生活習慣病の予防にも役立つという、いいことづくめのスグレモノという話です。近年、薬や栄養剤にどんどん取り入れられるようになってきています(成分表にはアミノエチルスルホン酸と表示されています)。

さて、時々ドリンク剤を飲んでいると気になる「定常的に飲むことによる害はあるか」という点ですが、成分として含まれているアルコールやカフェインは嗜好品であるため、依存症になる可能性があるとのことです。またドリンク剤には、脳の働きを活性化させる(頭をスッキリさせる)ために、糖分がたくさん含まれているものも多く、毎日飲みつづけると糖尿病につながる可能性もあります。
やはりドリンク剤は、ここ一番の勝負の時に飲むのが正しい使用方法のようです。
オフィス街
(この記事はMSNビューティーの記事を参考にしています。)
スポンサーサイト
 
 

虫歯予防にキシリトール

キシリトールとは、砂糖に近い甘さを持つ天然の甘味料です。白樺や樫などの樹木からとれるキシランを還元し製造したもので、ソルビトール、マンニトールなどと同じ糖アルコールです。
糖アルコールとは、ブドウ糖、麦芽糖などに水素を加えて還元したものです。キシリトールは糖アルコールの中では最も甘く、砂糖と同じくらいの甘さです。糖アルコールは砂糖とは異なり虫歯の原因とはなりません。

キシリトールの利点
●虫歯・歯周病のもと、歯垢を減少させる
細菌の大集団・歯垢(プラーク)のネバネバ(水溶性グルカン)が作られなくなり、集団は解散します。つまり歯垢が減少し、その中に隠れていた虫歯菌が減ります。虫歯菌が、歯を溶かす酸を作ろうとしても阻止する。虫歯の進行を止めるだけでなく、歯垢の中に、カルシウムを取り入れる働きもあるため、歯の修復(再石灰化)も促進されます。
●唾液の分泌を促し、歯の再硬化を促進させる
ガムでキシリトールをとる場合、噛む事で唾液が多く分泌され、唾液に含まれるカルシウム、リン酸が歯を強くしてくれます。唾液は発がんをおさえるなど、他にも自然の万能薬として働きます。
●糖尿病の人でも大丈夫
キシリトールを食べると、小腸からカラダに吸収されるが、代謝する時にインシュリンに頼らないため、糖尿病の人でも大丈夫です。FAO(国連食料農業機関)やWHO(世界保健機構)でも安全性の高いものとされています。ただし糖アルコールは食べすぎると下痢する人もいます。

キシリトールの注意点
●カロリーが実はかなりある
カロリー的には3.0kcal/g(砂糖が4.0kcal/g)で、決して低カロリーではありません。カロリーは砂糖の75%もあります。いくら虫歯にならないからと言って、食べすぎればカロリーオーバーになってしまいます。
●値段が高い
キシリトールは砂糖の10倍の値段。100%のものは値段が高いため、ほとんど歯医者でしか手に入れられません。日常の習慣とする場合は店頭でキシリトールの含有量をチェックして買います。含有量が多いものほど、清涼感のある甘みです。
●一緒に含まれるものに注意!
値段が高くて100%は無理な以上、ほとんどの商品には他の甘味料も使われています。特に注意すべきは「砂糖」「水あめ」という表記のあるものです。せっかくの虫歯予防用キシリトールガムも、虫歯を作りだす砂糖が含まれていては、歯みがきの後、特に寝る前に口にするのはキケンです。
●あくまで歯ブラシのサポートとして考える
基本的に、歯垢は歯ブラシでかきださなければ減少しません。キシリトールを口にしていれば、虫歯も歯周病もならないと考えるのは大きな間違いなので、気をつけましょう。
ミント
(このブログはMSNビューティーの記事を参考にしています。)
 
 

りんごポリフェノール???

リンゴが赤くなると、医者が青くなる。
という諺もあるほど、リンゴの健康効果は知られていますが、青い=未熟果のリンゴでも健康効果があるそうです。
熟していないリンゴ(未熟果リンゴ)は、味が渋いのでこれまでは捨てられるだけでした。リンゴの渋味には害虫を寄せ付けない働きがあることは分かっていましたが、渋味がネックになり、なかなか商品化されていなかったのです。
しかし、数年前に、未熟果リンゴの渋味には、お茶のポリフェノールと同じ成分が含まれていることが明らかになり、有効利用が進んできています。
ポリフェノールは、がんを予防すると注目されていますが、それ以外にも、虫歯予防、アトピー性皮膚炎のかゆみの抑制、肌を白くするという効果などがあります。これをいち早く商品化したのが、洋酒メーカーのニッカウヰスキーでした。
当初ニッカでは、発泡酒「シードル」をきれいなバラ色に染めるのに未熟果リンゴの渋味を使っていました。その後、渋味の中にポリフェノールとほぼ同じ成分が含まれていることが分かり、本格的に製造を開始しました。
未熟果リンゴのポリフェノールは、お茶や赤ワインと違って苦みが少なく、水に溶けやすいのが特長です。最近では水に溶けやすい性質を生かして、粉末や液体の形で次々と食品メーカーを中心に商品化が進んでいます。
最も多いのが、虫歯の予防効果を狙ったガムやあめなどの菓子類です。今ではかなりの数の商品が出回っています。
広がりを見せる未熟果リンゴの再利用に対して、青森県の弘前市周辺のリンゴ農家から1500tのリンゴが集められるという動きもあります。
ただし、ポリフェノール成分濃度が高いのはピンポン玉程度の大きさのものに限るということです。
リンゴ
(このブログはMSNビューティーの記事を参考にしています。)
 
 

バナナの栄養価

果物の中でも値段が安く人気者のバナナ。現代では、スポーツ選手のスタミナ源や、災害時の非常食など、いろいろな場面で利用されていますが、それはバナナの高い栄養価が認められているからでもあります。
8月7日はバナナの日。
この機会に、そんなバナナの意外と知られていない健康効果を見直してみましょう。

バナナには、他の果物と同じく、いやそれ以上にビタミン・ミネラルが豊富です。あの白っぽい果肉と酸味のない味からは想像ができないかもしれないが、ビタミンCもちゃんと含まれています。

カロリーが低い割には腹持ちがよいのもバナナの魅力です。
バナナには、すぐに吸収されてエネルギーに変わるブドウ糖のほか、果糖、ショ糖、でんぷんなど、吸収される速度が異なるさまざまな糖類が含まれるので、エネルギーが長く持続します。スポーツ選手がスタミナ源としてバナナを食べるのも納得です。手間がかからないので、忙しい朝にもおすすめ。
また、栄養満点というイメージから、バナナはカロリーが高いと思われがちですが、バナナ1個(100g)のカロリーは86kcal。板チョコ1枚(70g)390 kcalの約5分の1、ご飯1杯(150g)252kcalの約3分の1しかありません。食物繊維も豊富なので、ダイエット中でもおすすめの食品です。
夏は汗をよくかき、カリウムが不足しやすい季節です。カリウムが不足すると、内臓機能が低下し、食欲不振、だるさ、疲労などを招いてしまいます。
バナナは果物の中でも、塩分を排出し血流をよくするカリウムや神経の興奮を鎮めるマグネシウムなどが特に多く、糖類や脂質の代謝を助けるナイアシン、ビタミンB群も豊富なため、夏バテ対策にもぴったりです。
近頃、バナナの健康効果として注目を浴びているのが、バナナに豊富な糖質の一種であるオリゴ糖です。大腸まで吸収されずに達したオリゴ糖は、善玉菌の栄養となる。善玉菌の割合が増えると、腸内環境が整えられるので、便秘や下痢の解消に役立ちます。 おなかの調子をより効果的に整えたいなら、あまり熟していないバナナを選びましょう。ヨーグルトやハチミツと組み合わせる、あるいは加熱して食べるとよいでしょう。
カリウム、マグネシウム、ポリフェノールが豊富なバナナは、ストレス対策にもぴったり。
また、免疫力アップ効果もあるということです。
その他、果物には珍しく、精神を安定させ、睡眠効果のあるセロトニンの材料となるトリプトファンが豊富に含まれてます。寝苦しい日が多い夏は特に睡眠不足になりがちです。ストレスがたまってイライラしたり落ち込んだりしやすい、こんな季節にこそバナナを食べましょう。

バナナ

(このブログはMSNビューティーの記事を参考にしています。)
 
 

外出先での汗の対処法

暑さ本番に入るこの季節。ちょっと外を歩いただけでも汗が流れますね。

外出時の汗、ちょっとした小技で汗を抑えることができます。

動脈に近い部分を冷やすと、血液の温度が下がり、全身の皮膚温度も下がってくるため、汗を効果的に抑えることができます。

それは、手首や首の付け根、ワキの下などに冷えたジュースの缶やボトルを押し当てて冷やしてみることです。また、氷や冷たい水を飲み込まず口に含んでおく方法も効果的です。口の中には冷気を感じるセンサーがあるので、冷気が全身に伝わって汗を抑えることができます。

顔の汗を抑えたいときは、ブラジャーのホックをきつくするなどして、左右の乳房の上辺りを強く圧迫する方法もオススメです。汗には体の圧迫されている側の汗が減る性質があるため、体の上半身を圧迫することで、顔から胸にかけての汗を一時的に減らすことができます。ただし、その反対に下半身の汗が増えるので、注意は必要です。

夏の入道雲

(このブログはMSNビューティーの記事を参考にしています。)
 

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。