スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

過ぎたるは及ばざるが如し

ビタミンミネラルが不足した時サプリメントで補助するというのは、今ではよくあることですし、このブログでもたまに紹介しています。

今回は不足を補う話ではなく、サプリメントビタミンを摂りすぎるとどんな弊害があるかを紹介します。

ビタミン
過剰摂取で、頭痛、吐き気、胎児異常などを引き起こす可能性がある。

ビタミン
サプリメントで摂りすぎると死亡率が上がるという報告が見られる。

ビタミン
過剰摂取で、活性酸素を生み出す可能性がある。

以上のような可能性を頭に置いて、サプリメントは安全を考えて有効に活用してください。やはり、きちんとした食事で摂取するのがあくまで原則ということを忘れないようにしましょう。

ただ、1種類だけ例外があります。それは葉酸です。胎児の発育に重要で、若い女性で不足すると胎児に先天性異常が起こりやすくなります。葉酸だけはサプリメントで補うことが推奨されます。

サプリ

(このブログは2007/07/29日経新聞の記事を参考にしています。)
スポンサーサイト
 
 

ダイエットで賞金がもらえる

ダイエットに成功すると賞金がもらえる町があるのを知っていますか?

肥満が社会問題化しているイタリアの北部の町バラッロ・セシアという町がダイエットに成功した町民に賞金を贈る制度を導入したそうです。1ヶ月で男性は4キロ、女性は3キロの減量に成功したら、50ユーロ(8050円)の賞金がもらえるそうです。5ヶ月後にその体重を維持していれば、さらに100ユーロの賞金がもらえます。

この町の制度に対して、イタリアの保健相は「他の自治体も取り入れればいい。結果次第で国としても導入できるかもしれない。」と発表しています。

なんかすごいと思いませんか?
しかし、この場合もともと痩せている人がダイエットしてしまった場合はどうなるんでしょうか?

パスタ

(このブログは2007/08/16毎日新聞の記事を参考にしています。)
 
 

女性も気になる髪の毛

髪の毛が薄くなった

ギクリとした男性は多いのでは?
実は女性もけっこう薄毛に悩んでいます。
過剰に毛が抜けるのは、一般的に男性ホルモンに起因するイメージが強いですが、加齢と共に頭皮の血流が悪くなることで抜け毛が増えることは女性でも起こる現象です。

女性は頭部全体が薄くなる「瀰漫性脱毛」が多い傾向にあります。原因ははっきりしていないのですが、ストレスが原因ではないかと言われています。そんな薄毛を予防するためには

ストレスをためない。
・過度なダイエットは避ける。
・偏食しない。
・十分に睡眠をとる。
・正しい洗髪を心がける。(すすぎや乾燥を入念に)
・毎日50~100本髪の毛は抜けるので、抜け毛を気にしすぎない


以上をこころがけてください。

woman

(このブログは2007/07/31日経新聞夕刊を参考にしています。)
 
 

おやつは200kcalまで

おやつ
みなさんはおやつと言えばやはり甘いものですよね。甘いものは何よりの心のオアシスという人は多いですね。確かに心身が疲れたときの甘いものはそれだけで和みます。

しかし、摂取カロリーを考えるとおやつは肥満の大敵!!
そこで少しおやつについて考えましょう。

ショートケーキ(1個) 300kcal
アイスクリーム(1カップ) 270kcal
オレンジ100%ジュース(1袋) 504kcal

よく食べそうなおやつの、普通の量のカロリーが以上の通りです。
1日のおやつは200kcalまでに抑えておけば、比較的健康に害はありません。むしろ我慢するストレスよりは癒しになっていいかと思います。しかし、このカロリー値ではちょっと考えてみないといけませんね。

そこで、おやつを食べるときの注意点
1.洋菓子より和菓子(脂肪が圧倒的に少ないです)
2.食事の間隔が大きく開く午後3~4時ごろが食べる(血糖値の補充にもよい)
3.飲み物はお茶か水で、100%ジュースはカロリーが高いので避ける。牛乳も脂肪分が多いので1日コップ1杯程度にする。
4.アイスクリームが食べたいときは凍らせた果物などで代用する。
5.スナック菓子は1袋を一度に食べない。

さて、上のような注意点を実行できますか?

ケーキ

(このブログは2007/08/11の日経新聞の記事を参考にしています。)
 
 

ハンドマッサージで脳が元気に

最近、トレーニングの本やゲームがブームですね。を使ってトレーニングするとの働きが良くなるのは納得です。でも、手をマッサージするとの活性化になるって知ってましたか?

実験によると、ハンドマッサージをした場合としない場合を比べると同じ作業をさせるとマッサージなしの場合はありの場合と比べて内血液の酸素量が増加したそうです。つまり、なしの場合はオーバーヒート状態になるということです。マッサージありの場合もハンドクリームを塗った方がより効果的という結果が出ています。

それでは、ここで簡単にできるセルフマッサージを紹介しておきます。
1.手を洗った後、ハンドクリームを塗る。
2.指の側面を親指と人差し指で根元から指先に向かって挟むように押す。
3.親指と人差し指の間を押す。
4.手のひらの親指の付け根をグーでグリグリと押す。
5.手のひらや指をそらせるようにしてストレッチする。

これなら仕事の合間にもできそうですね。ちょっと疲れた時、ハンドマッサージで脳をリフレッシュしてみませんか。

手のひら

(このブログは2007/08/10産経新聞の記事を参考にしています。)
 
 

塩分は胃にもよくない?

塩分の摂りすぎを気にするのはとりあえず高血圧の人でしょうか?
しかし、それだけではなかったのです。
胃がん
にも塩分の多い食事はよくなかったのです。

胃がんの原因の一つとしてすっかり周知されたピロリ菌ですが、塩分の多い食品の摂取頻度が高いとピロリ菌の感染率が高いという調査結果が出ています。塩分の多い食品は胃粘膜を保護する粘液層を破壊し、ピロリ菌がつきやすい環境をつくるのが原因のようです。ということは、塩分の多い食品を控えてピロリ菌の感染を予防すれば、胃がんの予防になりそうですね。

胃がんのリスクを上げる生活習慣としては
喫煙
塩分の多い食事
果物の低摂取
が挙げられます。
ということは、禁煙・減塩・果物の摂取が胃がん予防には有効ということですね。

フルーツ

(このブログは2007/08/09産経新聞の記事を参考にしています。)
 
 

足首ねんざを甘く見ないで!

ねんざをしたことありますか?
案外なんでもない所やどうしてこんな所でと思うような所でねんざってしますよね。私もそれまで注意していた山道ではねんざせずに、平地でねんざをしたことがあります。その時は「ひねった?」と思う程度だったのですが、帰宅して靴を脱ぐと見る間に腫れて歩けなくなりました。ハイカットの靴だったので、固定されていたんですね。

さて中高年になると、運動時だけでなく日常生活時でも思いがけないことでねんざしてしまうことがあります。特に足首のねんざは「ただのねんざ」と思っていたら、剥離骨折だったとか、靱帯損傷だったということがありますので、翌日になって腫れたり、痛みが長引くようだったら、整形外科を受診しましょう。

ねんざの応急処置の基本は「RICE」です。
(Rest)安静
(Icing)冷却
(Compression)圧迫 圧迫しすぎに注意
(Elevation)足を高く
患部を冷やす場合は氷や保冷剤をタオルでくるんで行ってください。シップでは冷却効果が案外低いので、ねんざ直後は氷・保冷剤で冷やす方が効果的です。足は心臓より高い位置に上げて、安静にする。これでねんざに伴う内出血をなるべく抑えます。そして、テープや包帯で固定します。これも素人がやると逆効果の場合がありますので、専門知識のある人にやってもらってください。

万が一、骨折靱帯損傷の場合はギブスで固定することになると思います。このときはギブスを外した後のリハビリは念入りに行ってください。足の指でタオルをつかんで引き寄せる「タオルタッキング」もリハビリのひとつです。リハビリをおろそかにすると、また同じところを傷める原因になることがあるので用心してください。

足首

(このブログは2007/08/07日経新聞を参考にしています。)
 
 

ミネラルウォーターの選び方

ペットボトルで売られているミネラルウォーター。みなさんもよく利用しているはずです。
「水と安全はタダ」なんて言っていた日本ですが、最近は飲み水や料理に使う水はミネラルウォーターを使う人が増えています。
それだけでなく、リフレッシュ、健康、美容など、ミネラルウォーターに新しい効用を求めるのが最近の傾向です。

それではミネラルウォーターを選ぶポイントは何でしょうか?
1.飲み安さを目安として、製品の硬度をチェックする。
2.安全・安心のために、定評のあるブランドを選択する。
3.健康、美容などの飲用目的なら、機能感のある製品を選ぶ。

と言ったところでしょうか。

よく目にするミネラルウォータとしては「ボルビック」「クリスタルカイザー」「エビアン」「ヴィッテル」「コントレックス」「クールマイヨール」あたりでしょうか。
日本の水は軟水(硬度100以下)です。ですから、軟水である「ボルビック」「クリスタルカイザー」あたりが飲みやすいでしょう。
ブランドイメージ先行なら「エビアン」「ヴィッテル」。
ダイエット目的ならば、「コントレックス」が王道でしょう。
「クールマイヨール」はカルシウム補給、胃もたれを防ぐ重曹がわりに飲用している人もいますし、「サンペレグリノ」は微炭酸で、脂っこい食事に合います。

こんな風に目的に合わせて、ミネラルウォーターを選んでみるのも楽しいかもしれません。

水

(このブログは2007/08/04日経新聞を参考にしています。)
 
 

エアコンに頼らないで残暑を乗り切る2

昨日に続きエアコンに頼らない暑さ対策です。

1.扇風機で空気を循環させる。
  案外、扇風機の風力は強いので、体に直接当らないようにしてください。
  天井に向けて室内の熱気を拡散させるように利用してください。
2.薄着になってすごす。
  薄着も急な来客に対応できないまでの薄着はやめましょう。
3.網戸にして風通しをよくする。
  防犯、室内外の騒音に注意しましょう。
4.保冷剤、冷たいタオルを活用する。
  首筋、わきの下などを冷やすと、太い血管が皮膚近くなので、効果があがります。
5.就寝時に冷却枕や氷枕を使う。
  冷やしすぎると頭痛の原因になるので、タオルで包んだりして調整しましょう。
6.窓際やベランダにすだれをつるす。
  西日対策に効果的です。
7.早起きして用事を済ませる。
  ただし、掃除、洗濯など音のでる作業は近所迷惑を考えましょう。
8.庭やベランダに打ち水をする。
  朝方や夕方が効果的です。時間帯を選んで打ち水をしましょう。
9.こまめにシャワーを浴びる。
  リフレッシュ効果も期待できます。
10.日中は雨戸、カーテンを閉める。
  直射日光を遮るわけですが、風の通り道は確保しましょう。

さて、どれから実践しますか?

シャワー

(このブログは2007/08/04日経新聞を参考にしています。)
 
 

エアコンに頼らないで残暑を乗り切る

暑さが未だに続いていますが?皆さんはやはりエアコンに頼っていますか?
体に良くない、電気代がかさむとはわかっているのですが、ついついリモコンに手が伸びてしまいますよね。
ここで少し、エアコンのスイッチを切れる方法を考えてみましょう。

ポイントは3つです。
1.窓から入る日射熱を遮る。
2.熱を屋内から逃がすため通しをよくする。
3.が感じられるようにする。


まず1は窓の方角によって有効な方法が異なります。南向きの窓にはひさしが効果的です。日差しが差し込む時間帯の太陽の高度が高いためです。ひさしは家の設計時に付けるのが普通ですが、後付のひさしも存在しています。一度専門家に相談してください。東や西向きの窓は太陽が低いためひさしでは日差しを防げません。カーテンやブラインドでは室内に熱がこもる欠点があります。そこで役立つのがスダレヨシズです。窓の外に垂らせば8割の熱が遮断できます。

2に関しては通しをよくすることです。のある日は方角の違う2ヶ所の窓を開ける、の無い日は高さの違う窓を開けることで空気が動きます。ワンルームマンションでは換気扇を使う人も多いでしょうが、換気扇による空気の流れは窓を開けた場合の10分の1しかありません。もし可能ならば、玄関に網戸を設置した方がの通りはよくなります。

3は、風下の窓を風上の窓より大きく開けることで、風の勢いが強くなり爽快感が増します。扇風機も上手に利用すれば効果が上がります。ただし、体に風が直接当らないように注意は必要です。また、扇風機・冷風機は窓を開けずに使うと消費電力分温度が上がるので、必ず窓を開けて使用してください。

以上のことに注意して、エアコンをちょっと控えてみてください。体の恒常性が活性化して体調がよくなるはずです。もちろん正しい水分摂取は忘れないでくださいね。

すだれ

(このブログは2007/08/03産経新聞の記事を参考にしています。)
 
 

女性にはコーヒー?

最近日本人に増えているがんと言えば、大腸がんです。肉中心の欧米化した食生活が原因と言われています。長い間、米中心の食生活だった日本人の体は肉中心の食生活ではなにかと支障が出るのでしょうか。

さて、その大腸がんですが、女性の場合、コーヒーを飲むと予防効果が期待できるそうです。厚生労働省の研究によると、コーヒーを1日3杯以上飲む女性はほとんど飲まない女性に比べて結腸がん(大腸がんの一種)になるリスクが半分に低下するそうです。男性の場合はコーヒーによるリスク低下は認められなかったのですが、ビタミンB6の摂取でリスク低下が認められたと報告されています。

コーヒーが結腸がんを抑制する仕組みはわかっていませんが、「腸内でがん発症の原因となる胆汁酸などの濃度を抑えたり、腸の運動を活発にしたりするなどの作用が予防につながっている」と報告されています。

1日3杯のコーヒーなら、明日からでも実践できそうですね。

コーヒー

(この記事は2007/08/02日経新聞の記事を参考にしています。)
 
 

こわい記事を見つけました

7月13日のブログ「副大臣の次は市幹部???」で紹介した三重県伊勢市の市幹部の方が8月14日に急性虚血性心疾患で亡くなったという記事を発見しました。

亡くなったのは市生活支援課長の奥野睦司さん(47)
ジョギングのために自宅を出た後に急死されたそうです。

伊勢市は「7人のメタボ侍 内臓脂肪を斬る」をスローガンに、市長が率先してメタボリックシンドローム解消運動を推進していますが、市幹部も参加しているのはこのブログにも紹介した通りです。

事前の健康診断などはきちんと行っていたのでしょうか。
今まで運動をしていなかった人が急に運動を始めると体には相当負担をかけることになります。くれぐれも体調管理には気をつけないとだめです。メタボリック解消を口にするのは簡単ですが、そこらへんのところを再確認してください。

心臓

(この記事は2007/08/17ヤフーニュースの記事を参考にしています。)
 
 

熱中飴

ここ数日猛暑が続き、熱中症による死亡者に関する記事が新聞に載っています。

みなさん、水分補給・塩分補給は大丈夫ですか?

新聞に熱中症予防飴

熱中飴

に関する記事が載っていたので紹介します。

この飴は大阪府豊中市の食品メーカー井関食品(TEL:06-6333-9408)が塩分補給を目的として建設会社と共同開発したものです。1粒に0.25グラムの塩が含まれ、味は食べやすいレモン風。コップ1杯の水に対して1~2粒食べれば、熱中症予防の塩分補給ができるというすぐれもの。

これはさっそく試してみないとと思ったところ、ネットショップでは軒並み売り切れ、メーカーでも生産が追いつかないほどの売れ行きとのこと。こうなるとますます食べてみたいと思うのが人情です。
店頭で見かけたら即買い!!!

熱中飴

(このブログは2007/08/11毎日新聞の記事を参照にしています。)
 
 

頭痛・息切れ・だるさ…

夕方、こめかみが締め付けられるように痛い
階段を上がると息切れする
寝ても疲れが取れない
爪が割れる


10代~40代の女性の方でこんな症状に心当たりはありませんか?
原因は貧血かもしれません。この年代の女性は鉄欠乏性貧血になっていることが多いと言われています。この年代の女性は月経で血中の鉄分を失いやすいので、食べ物から1日16mgの鉄分を摂取する必要があります。しかし、国民栄養調査によると1日の必要摂取量の半分しか摂取できていないのが現状です。貧血に備えてほうれん草やレバーを食べているから大丈夫と言う人もいるかもしれませんが、鉄分は大変吸収率の悪い栄養素なので、相当注意していないとなかなか必要な量は摂れないことを覚えておいてください。

一度、病院で貧血検査をしてもらって、貧血と診断されたら、鉄剤を処方してもらってください。約4ヶ月服用すれば、症状は緩和されます。しかし、鉄剤は飲みすぎると気分が悪くなったりの副作用があるので、症状が改善したら鉄剤の服用はやめて、食事に注意して血中の鉄分を維持するようにした方がいいでしょう。その時、補助としてサプリメントを利用するのも一つの方法です。

赤血球

(このブログは2007/07/19日経新聞の記事を参考にしています。)

 
 

ウォーキングを進化させましょう

ウォーキング生活習慣病におすすめです。
と、これまで何度も紹介してきました。そのウォーキングをさらにステップアップして、健康維持から検査値の改善に効果的なものにしましょう。

エクササイズ・ウォーキング

これはどんなものでしょうか?

ウォーキングを始めると速度が上がると次第に心拍数が増えてきます。その心拍数がある水準を超えると酸素の供給に追いつかなくなり、ウォーキングが続けられなくなります。その時の心拍数を最大心拍数が最大になり、有酸素運動の酸素の消費量も最大になります。

生活習慣病の予防には、最大酸素摂取量の50~60%が最適で、運動に慣れている人は75%くらいまでなら大丈夫です。これをウォーキングの際の心拍数で判断できます。年齢別にウォーキング時の最大心拍数の最適度は以下の通りです。

40代 1分間110~130
50代 1分間105~125
60代 1分間100~120

この最大心拍数はウォーキングに慣れていない間は値が低いですが、続けているうちに次第に上がっていきます。定期的に続けることで心肺機能が鍛えられるからです。

最近は心拍数を測ることができる腕時計なども市販されているので、数値を簡単に目で見て、ウォーキングのはげみにすることも可能です。

心臓

(このブログは2007/07/29日経新聞の記事を参考にしています。)
 
 

ピロリ菌をやっつける!

ピロリ菌

がんの原因になる最近であることは有名ですね。このピロリ菌に40歳以上の人は7割以上が感染しているそうです。がん患者にいたっては94%が感染していたという調査結果もあります。

このピロリ菌を完全除菌するには、除菌治療しかないのですが、身近な食品を摂取することで、減らしたり活動を抑制したいすることは可能です。

梅干
大粒梅干1個には抗酸化物質のシレンガレシノールが250マイクログラム含まれています。このシレンガレシノールはピロリ菌の動きを殺す働きが確認されています。昔からの民間薬として青梅汁を煮詰めたものがありますが、これはピロリ菌に対しても有効ということです。

LG21ヨーグルト
これは大々的に宣伝されていますので、ご存知の方も多いことでしょう。LG21乳酸菌は、ピロリ菌を抑制して粘膜の炎症を改善する効果があります。このヨーグルトはスーパー、コンビニで普通に手に入りますし、宅配もやっています。

コンブ・モズク
これらの食品のネバネバ成分「フコイダン」は、粘膜を修復しピロリ菌を排出する働きがあります。

ココア
ココアに含まれる遊離脂肪酸がピロリ菌の殺菌効果があることが確認されています。この遊離脂肪酸を強化したココアも発売されていますが、普通のココアでも十分な殺菌効果を期待できるとのことです。

これらの食品は1日2回空腹時に食べると、効果的にピロリ菌を撃退できます。

の痛みが気になる方、一度試してみてはいかがですか?

梅干

(このブログは2007/07/27産経新聞の記事を参考にしています。)
 
 

友達が肥満になると…

気になる記事がありました。

友達が肥満になると、太るリスクが57%増加する。

思わずギクリとしませんでしたか?
身近な人が太ると肥満への抵抗感がなくなってしまうのが原因の一つで、肥満が親密な人間関係の中で広がるという傾向があるらしいということです。

先に57%増加と書きましたが、男女で差があります。
男性の友人同士だとなんと100%、女性同士は意外と低く38%で、やはり女性はスタイルに気を使っていて、「あの人みたいにならないわ!」と反面教師にするのでしょうか。

その他の関係では、兄弟だと40%、配偶者だと37%、隣人関係だと増加傾向は見られないそうです。友人でも親密度が高いほど肥満になる傾向が強く、遠隔地の友人でも親密度が高いと傾向は変わらないそうです。距離より親密度ということですね。

よく女の子同士で一緒にダイエットするなんて話は聞きます。これがライバル意識なのか、けっこう効果があがるのですが、まさか肥満まで競い合っているとは知りませんでした。

友達

(この記事は2007/07/26日経新聞夕刊を参考にしています。)
 
 

ネットの現代病

このブログを読んでもらっているということは、みなさんも多少はインターネットを利用しているということですよね。多少ではなく、かなりな方もいるはずです。

寝食も忘れてネットゲームに熱中するネット中毒』の例はニュースにもなっていますが、ちょっと問題程度のネット依存症』クラスは周囲にもけっこういるのでは?

このネット依存症、メールやWebサイトに没頭していた従来型から、検索、SNS、写真共有などの新サービスに関連した『現代病』が現れているそうです。

Blog Streaking
他の人が、とても興味を持ちそうにない自分の秘密をブログで暴露する。(ネット露出狂ですかね。)

Crackberry
現実のシリアスな場面でもモバイル端末を絶えず確認せずにはいられない。(どこでもメールをチェックしている人のことですね。)

Cyberchondria
ちょっとした体調不良を気にして、ネットで調べ、自己診断で病名を決める。(風邪をひいてもガンと思い込んでしまう人のこと?)

Ego-Surfing
自分の名前をネット検索して、その評価を調べる。ちょっと調べる行為をコントロールできない。(ネットナルシスト?)

YouTube Narcissism
自分のビデオを動画投稿サイトに投稿して見てもらいたい。(こっちの方ががネットナルシストかな。)

Google-Stalking
友人、同僚、初めてデートする相手のことを相手に知られることなく『ググ』って調べる。(新手のストーカーですね。)

MySpace Impersonation
SNSに接続する時、匿名可能なのを利用して有名人・大物であるかのように装う。(装ってるのではなく、勘違いヤロウだったりして…)

Photolurking
写真共有サービスで、会ったこともない人のアルバムを見続ける。(何が面白い???)

外国の例を挙げてみましたが、あなたの周りにも普通に居そうですよね。自分がこうならないように、ネット利用は控えめに。

PCねこ

(このブログはMSNニュースの記事を参考にしています。)
 
 

低所得で肥満

さて、この記事をどれに分類しようか迷いました。
肥満
ということは生活習慣病関係なのですが…

日経新聞の記事で「米貧困層に肥満 NPO減量作戦」という記事を見つけました。
3人に2人が太りすぎと言われるアメリカでは、今、貧困層の肥満が問題になっています。「貧困家庭の子供の肥満率は非貧困家庭の1.5倍」という報告もあるぐらいです。原因は所得が低いため、値段の高い生鮮食料品を買う経済力がなかったり、親が働きづめの家庭は手軽なファーストフードに頼りがちになるというのが、貧困層の肥満の原因ということです。そこで、アメリカではNPOが無料のエアロビ教室や料理教室を開いたり、教会主宰で安く野菜を提供する野菜市を開いたりして、貧困層の肥満を改善しようとしているそうです。

格差社会』と言われるようになった日本でも他人事ではありません。「年収300万円時代を生き抜く経済学」の著者:森永卓郎氏が先日テレビで「小倉・マーガリンサンド2本で1日のカロリーはまかなえる。」なんて恐ろしいことを言ってましたが、この食事、確実に糖尿病へまっしぐらですよ。

ジャンプ

(このブログは2007/07/22日経新聞の記事を参考にしています。)
 
 

ビールでデトックス?!

ビールでデトックス!!(老廃物排出)

と言ってもビールでデトックスができるわけではありません。
夏の風物詩『ビヤガーデン』で今年はデトックスに注目したメニューが流行しているというお話です。

前年と比べて今年のビアガーデンの売上は一割以上増えている店が多いそうです。その秘密はメニューの工夫。
食物繊維の豊富な料理やサラダの品揃えを充実させたり、健康に良いとされる豚肉やラム(子羊の肉)などを使ったメニューを考案して提供しています。ラムは体脂肪を燃焼させる成分が豊富で最近女性に人気の食材です。またデットクスメニューとして「長芋とゴボウの握り揚げ」「かぼちゃとひじき、レンコンのサラダ」など25種類を揃えた店もあれば、「ローストチキンとブロッコリーの親子サラダ」「イタヤ貝と野菜の塩炒め」など野菜を多く摂れて低カロリーのメニューや、ビタミン豊富な「プルコギ」を出すビアガーデンもあります。

ただ問題なのは、これらのビアガーデン。一定料金を払えば、飲み放題・食べ放題なんですね。いくら健康に気を使ったメニューでも食べ過ぎれば無意味。そして、ビールは食欲増進の作用があります。
ここは、自制心の勝負!!というわけですね。

ビアガーデン

(この記事は2007/07/24日経新聞の記事を参考にしています。)
 
 

久しぶりにネバネバの話

久しぶりに納豆のお話をしましょう。

納豆が健康に良いというお話はリニューアル前のブログでさんざんしましたね。一時期ダイエット効果の捏造が話題になりましたが、ダイエット効果はなくても、健康に良いのは確かです。アスリートの方の間でも納豆はよく食べられているそうです。

納豆をはじめ、山芋、おくら、なめこ、めかぶ、モロヘイヤなどのネバネバ食品は栄養的に意味が多くあり、これからの季節、夏バテ解消には効果的です。

ネバネバの主成分のムチンには胃粘膜を保護する作用があり、山芋に含まれるジアスターゼは消化を助ける酵素です。夏場、ついつい冷たいもの、水気の多いものを摂りがちで弱ってしまう胃腸にネバネバ食は強い味方になってくれます。そこらへんのことも考えてアスリートネバネバ食を好むのかもしれません。

ネバネバ食のメリットはもうひとつ、主食と相性がいいということです。生活に必要なエネルギーは主食で摂るのが一番効率がいいし、健康にもよいとのこと。もちろん栄養バランスはネバネバ食で考えることができます。

ということで、夏はネバネバで乗り切ろう!!と言いたいのですが、ついつい食べ過ぎてメタボリックになっちゃっただけは避けてくださいね。

納豆の話なら「納豆倶楽部」がおすすめです。

納豆

(このブログは2007/07/23MSNニュースを参考にしています。)
 
 

抗疲労トクホ???

サプリメントやドリンク剤、いまやごく普通に使っていますね。そこで…

疲労トクホ

という言葉を聞いたことはありますか?
今、「特定保健用食品」(トクホの認可を目指しているそうです。

ここで、認可のポイントになるのは疲労の数値化」「軽減効果」だそうです。

我々はよく「疲れた」と口にしますが、それを数値で表すとはどうするのでしょう? 研究機関では疲労度が高くなると血中に増えるヘルペスウィルスの量や血液や脈拍などを複合して測定し、客観的に計測するそうです。これが認可されると疲労軽減」とパッケージに印刷されたサプリドリンク剤が店頭に並ぶわけですね。飲んで一発で回復したら、それはそれで役に立つでしょう。

たしかに、トクホの認定などに数値化は必要でしょうが、数値化されてしまうと「疲れた」で休もうと思っても値が足りないので休めなくなってしまうような気がします。

サプリ


(このブログは2007/07/23産経新聞の記事を参考にしています。)
 
 

ライフスタイル・ウォーキング

ライフスタイル・ウォーキング

つまり、日常的に歩くということです。体のどんな部分も使えば発達するし、使わなければ衰える。けがや病気で安静にしていた後は、筋肉が衰えて運動機能が低下しているため、リハビリをしないと日常生活が営めません。これは極端な例ですが、私たちは、毎日体を動かしたり歩いたりすることで、体の機能を円滑にコントロールしているのです。心臓や肺の心肺機能、血圧、血糖、脂質などをコントロールする代謝機能も、体を使わないと機能が低下してきます。

電車やバスの交通機関、エレベーターやムービングウォークなどをはじめ、家電の発達、リモコンの利用などで、日常生活で体を動かすことは減ってきています。そんな風潮の中で、日常生活でもっと活動的に歩く、ライフスタイル・ウォーキングは大切なことです。

このブログでも、運動としてのウォーキングを何度も取れ挙げてきましたが、このウォーキングをみなさんは非日常として捉えていませんか?
それも大切ですが、日常をもっと活動的にするように見直すことが、生活習慣病予防の第一歩かもしれません。

階段

(このブログは2007/07/15の日経新聞の記事を参考にしています。)
 
 

糖尿病でもフルコース?

糖尿病とグルメ

これほど相容れない関係はないでしょう。糖尿病を患ったら、ご馳走は食べられない。そう思い込んでいる方も多いはずです。もちろん、普通のフレンチのフルコースや中華料理などは、糖尿病には厳禁でしょう。

糖尿病でもご馳走が食べたい!」

そんな思いを叶えてくれる「ドクターズレストラン」が各地に誕生しています。

知食旬菜ETSU(TEL:06-6569-1345)
大阪市に2006年7月にオープンした。全国初の糖尿病食専門のレストラン。管理栄養士が工夫した約100種類のメニューが用意されています。今後、全国に50店舗展開の予定です。

ジャッジョーロ銀座(TEL:03-5537-2233)
この7月にオープンしたてのイタリア料理店。予防医学や自然治癒をコンセプトに、ハーブの薬効を生かした料理を提供しています。

ラ・ペ(TEL:022-263-5788)
仙台市のフランス料理店。夏用の「ドクターズメニュー」は、前菜2皿、肉、魚、デザートのフルコース(5500円)で435キロカロリーとびっくりするような低カロリーです。

このほか、ホテルパシフィック東京・ブフドール(東京高輪 TEL:03-3445-0876)の「360キロカロリーのフレンチフルコース」(12000円)、リーガロイヤルホテル・ナチュラルガーデン(大阪中之島 TEL:06-6441-1721)の「スリムラインフレンチメニュー」(8000円)など豪華な糖尿病食に取り組んでいるレストランも増えています。

おいしいものを我慢するのはけっこうなストレスです。ストレス生活習慣病にはよくありません。たまには、豪華な外食で息抜きしてはいかがですか?

↓リーガロイヤルホテル・ナチュラルガーデンの「スリムラインフレンチメニュー」
スリムフレンチ

(この記事は2007/07/18産経新聞の記事を参考にしています。)
 
 

ふとんやシーツでヒンヤリ!!

寝苦しい夜、エアコンが一晩中つけっ放しなんてことが、しばしばですよね。健康を考えたら、絶対これは良くないと思いながらも、寝苦しさでついついエアコンをOFFにできないですよね。

そんな体に負担の大きいエアコンに頼らずに夏を乗り切りたいという方から、地球温暖化を防ぐためにも夜間の房使用は控えたという方まで、幅広い要望に対応するために、ひんやり冷感で眠りを誘うふとん・シーツ・枕などの寝具が各メーカーから発売されています。

西川リビングのひんやりクール
宇宙服の技術から生まれた温度コントロール素材を参考に開発した素材を使って、接触冷感を実現しました。

ユニクロの「トレハクール素材のシーツ・枕カバー
クールビズ用に開発された素材を使った、ドライタッチとひんやりした肌触りが特徴。

「エアーサイクロン」
敷パッド全体が空気を多く含む繊維多重構造で、敷くだけで涼しく眠れます。

クールフィール28」
エアコンの温度設定が28度でも、26度設定と同じさわやかさが得られます。

「アイスシーツ」「アイスピローケース」
吸水速乾作用で、蒸れを防ぎサラサラ感を持続します。

「頭ジェル」
枕にのせて後頭部をやして眠りに導きます。

こうしたひんやり寝具を使わなくても、今使っている寝具も工夫次第でひんやりした眠りを実現できます。一晩に人間がかく汗は180ccですが、これをそのままにしては、湿気で不快なだけです。熱がこもるので嫌とは思わずに、軽く風を通して短時間で寝具を干して湿気を飛ばすだけで、体感はまったく変わります。もちろん、干した後は、扇風機・エアコンやしてくださいね。

風鈴

(このブログは2007/07/18産経新聞の記事を参考にしています。)
 
 

4本足歩行???

ノルディックウォーキングってご存知ですか?

両手にポールを持って、いわば4本足歩行ウォーキングです。このスタイルでウォーキングをしますと

1.ポールを使うためエネルギー消費量が通常の20%増しになる。
2.背筋が伸び、良い姿勢で歩ける。関節、ひざの負担が減る。
3.上腕筋や肩甲骨周辺の筋肉、大胸筋、広背筋も鍛えることができる。

といったメリットがあります。私も実はこの『4本足歩行』を実践しています。ひざへの負担ははっきりわかるほど減りましたし、ポールを推進力を出すので、スピードもぐんと上がります。ポールの扱いに慣れるまでが大変ですが、慣れると本当に歩きやすいですよ。

始めるにあたって、専用のポールを購入しなければなりませんが、だいたい15,000円くらいで入手できます。ポールの長さは身長の0.7程度、地面に垂直に立ててひじが垂直に曲がる長さに調整して、ポールで体を押し出す感じで歩きます。

ウォーキングでひざに違和感を感じる方、ちょっと投資してみませんか?

ノルディックウォーキング

(このブログは2007/07/12日経新聞の記事を参考にしています。)
 
 

夏こそ湯船でゆったりお風呂

暑い日が続きますが、ひょっとして入浴をシャワーだけで済ませてませんか?
確かに湯船につかった後のほてりが嫌で、ついつい手軽なシャワーだけで済ませがちですが、湯船につかる』入浴は疲労回復に効果があります。

温熱・静水圧・浮力

この3つの作用が夏の暑さに疲れた体に効くんです。

温熱
夏は38度程度のぬるめのお湯でリラックスしてください。

静水圧
入浴時に全身にかかる水圧を静水圧といいます。むくみ改善に効果的です。

浮力
浮力で体重が1/9になることで、体を支えるための力が減り、全身の緊張が和らぎます。

ぬるめのお湯だとほてりも少なくてすみ、湯上りがさっぱりします。また、炭酸系の入浴剤を使うと、血行が良くなり疲労回復に効果的なうえ、血管がより拡張するため放熱が短時間ですんで、さっぱり感が増します。

今夜はシャワーはやめて、湯船にゆったりつかってみませんか?

バスタブ

(このブログは2007/07/16産経新聞の記事を参考にしています。)
 

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。