スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

体温を上げて免疫を高める

体温と免疫力は密接な関係にあります。
血液中にある免疫細胞は、ウイルスや病原菌の侵入を防ぐだけでなく、体内の細胞で生じる『悪玉』を監視する役目も持っています。
たとえばガン細胞は、健康な人でも1日5000個できることがわかっています。免疫細胞は、ガン細胞ができるたびにそれを攻撃して死滅させています。体温が1度下がると、免疫力が30%低下し、1日1500個近くのガン細胞が増殖する危険性があります。
また、ストレスを受けると、脳の視床下部にある体温中枢が障害を受けるので、体温が下がります。
大きなストレスが長時間続くと、自律神経のバランスがくずれ、血液の流れが悪くなってさらに体温が下がります。
低体温になると免疫力が下がるという点から考えて、ストレスで病気になりやすくなるということは正しい説ということです。
筋肉は体の中で一番多くの熱を作る場所です。寒いときにブルブル震えるのは、筋肉が自然と収縮して熱を作り出そうとするからの反応です。筋肉を鍛えると筋量が増えるので、作られる熱の量が多くなり体温が上がります。
一方、筋肉トレーニングには、成長ホルモンの分泌を促す作用があります。成長ホルモンは20歳を過ぎると、だんだん分泌が減ってきます。成長ホルモンには、脂肪を分解する働きもあるので、体温上げとダイエットのためにも筋トレは重要です。
内臓脂肪とは、主に腸の回りにつく脂肪のことです。皮膚の下につく脂肪は、皮下脂肪と呼ばれます。
内臓脂肪には、糖尿病、高血圧など生活習慣病を引き起こす「アディポサイトカイン」という悪玉ホルモンを分泌する作用があります。外見はやせていても、内臓脂肪が多い場合もあるので要注意です。
ただ内臓脂肪は、つきやすいが落ちやすいという性質を持っています。体温が上がると基礎代謝がアップするので、内臓脂肪も燃焼しやすくなります。
このような点から、体温を一度上げると、健康にも、美容にもいいことが多いようです。
ミント



スポンサーサイト
 
 

冷え性にはショウガ

すっかり秋が深まってきました。
そうすると気になるのが「冷え」。
体感として辛いのはもちろんですが、カラダが冷えると内臓の働きも落ち、肌アレや便秘といったトラブルも招きかねません。
最近若い女性に増えている子宮系のトラブルも冷えが最大の原因です。しかし、可愛い靴を履きたかったり、ミニスカートに惹かれたりするのはもはや女の性ですから、それを諦めるわけにはいきません。
そこで、「お湯さえ沸かせばすぐ飲める、ぽかぽかドリンク」の作り方を披露します。

材料はショウガとハチミツだけ。
1.ショウガを薄くスライスします。
2.ショウガをタッパーに入れたらて、かぶるくらいハチミツを入れる。
3.これを1日寝かせる。
あとはこれを5倍程度にお湯に溶かすだけ。
ショウガのカラダを温める効果ってすごいもので、飲んだ直後からカラダがカーッとするのがわかります。
好みでレモンを入れれば美肌効果もアップするし、便秘に悩む方ならハチミツの代わりにオリゴ糖を使うのもおすすめです。夏なら炭酸で割れば自家製のジンジャーエールになります。
タッパーに作りおきしておけば、1週間くらい保存が可能です。
常備しておくと、寒い朝に内側からホカホカに温まるので、ぜひ試してみてください。
しょうが
(このブログはMSNビューティーの記事を参考にしています。)
 
 

ご飯をおいしく食べるには

最近ご飯がおいしくないと思う方、『味覚障害』の可能性を考えてみましょう。
味覚が鈍くなる、味がわからない、何を食べても嫌な味に感じるなど様々な味覚障害がありますが、その原因は亜鉛の不足が考えられます。

亜鉛が不足すると、味覚のほかにも体のいたるところに変化が現れやすくなります。主な変化としては、肌が荒れる、爪が変形・変色する、抜け毛や切れ毛が多い、傷の治りが遅い、目の疲れや視力低下、お酒が弱くなった、などです。味覚の変化は自覚が難しいぶん、これらの症状が現れたら積極的に亜鉛を摂取するようにしましょう。

また、外食時は以下のようなことを心がけてください。

主食には米を選ぶ
そば、うどん、中華麺より亜鉛含有量の多い白米や玄米を選びましょう。また、パンは食パンよりもライ麦パンのほうが亜鉛をより吸収しやすい主食です。

亜鉛含有量の多い食品を摂取
亜鉛を多く含むカキ、アワビ、牛や豚の肉やレバー、うなぎなどを積極的に摂取しましょう。また、パルメザンチーズも亜鉛を含んでいるので、パスタやピラフ、サラダなどに利用するといいでしょう。

ファミレスよりデパ地下
加工食品を多用するファストフード、ファミリーレストラン、コンビニ弁当よりも、料理人がきちんと作っている総菜屋を利用しましょう。加工食品を避けるのが難しいからこそ、より安全で信頼度の高いお店を選ぶことが重要です。

お酒のおつまみにも配慮
アルコールの分解には多くの亜鉛を消費するため、お酒を飲む際や飲んだあとには亜鉛をたっぷりと摂取しましょう。カキやレバー、空豆や大豆類、カシューナッツやアーモンドなどのナッツ類、松の実、カボチャの種などの種子類が、亜鉛を補給してくれる食材としておすすめです。

日ごろの工夫や心がけ次第で、味覚障害は未然に防げるものです。自分の味覚に不安があるときは、専門知識を持った耳鼻科で診察を受けて適切な処置をしてもらってください。

朝食

(このブログはMSNビューティーの記事を参考にしています。)
 
 

よく噛んで食べる

一度の食事で「噛む」回数は、弥生時代には4000回、戦前には1400回、現在600回と激減してきたという調査結果があります。
しかし、「噛む」ことは健康への効果がいろいろあります。 虫歯予防にも「噛む」と効果をはじめ、肥満・ぼけ・視力低下・姿勢悪化解消などなど色々な良い事があります。

1.虫歯の予防
食後にリンゴが良いと聞いた事はありませんか?それは食物繊維が含まれるものをよく噛む事で、食物繊維が歯ブラシの役割をして、歯の表面の汚れを落としてくれるからです。
また「噛む」ことの一番の良さは、唾液が良く出るようになることです。1日に1500ccも分泌される唾液は、その流れで口の中を自浄する作用を持ちます。また、食物中の酸を中和する作用で虫歯、歯周病の予防をしてくれます。
更に、唾液から浸透してくるカルシウム、フッ素による歯の修復(再石灰化)が行われます。溶かされたエナメル質を修復してくれます。もっとも、虫歯のごく初期の段階で、虫歯を予防するという作用なので、痛くなるほどの虫歯はこの再石灰化では治りません。

2.発がんを1~2割おさえる?
唾液に含まれるペルオキシダーゼという酵素が、発がん性物質が作り出す活性酸素を消してくれます。それにはよく噛んで、唾液をいっぱい出し、食べ物と唾液をよくからませる事が大切です。約30回(30秒)で、毒性が1~2割に薄まるという報告があります。

3.ぼけ防止
よく噛むと、脳血管が拡張し、脳に血液とともにブドウ糖・酸素などの栄養素が流れます。すると、網様体から目覚め信号が出て、脳は覚醒し、ぼけ防止になります。
他にパロチンという物質が老化の防止になると言われています。よく噛む事で、内分泌に刺激がいき、パロチンの分泌が促進されて、老化防止のはたらきかけをするので、ぼけの防止になります。

4.肥満予防
よく噛み、味覚が刺激されるとノルアドレナリンという物質が分泌されます。この物質は全身の細胞の活動を活発化させる作用があります。そのため、熱のエネルギーが発生しカロリーを消費して、肥満予防になるのです。
またよく噛むと、食事の間に栄養分の消化吸収が開始され、血糖値が上昇し始めます。すると大脳から「もう食べたくない」という指令が出るので、少ない量で満腹感が得られるというメカニズムが働きます。

5.視力アップ?
人間の眼は、瞳の中でレンズの役割をしている水晶体の厚みを上手に変える事で、近く・遠くを見分ける事ができます。よく噛むと、この水晶体の厚みを調節する筋肉の老化を間接的に防止するため、視力の回復につながります。

6.姿勢が正しくなる
噛むために必要な筋肉はアゴだけではありません。首筋、胸、背中にある12種類の筋肉を使って下顎を動かしているます。よく噛むと、それらのすべての筋肉が運動することになり、上半身が自然とまっすぐになって、姿勢が矯正されます。

噛む

(このブログはMSNビューティーの記事を参考にしています。)


 

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。