FC2ブログ
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

酒は飲んでも飲まれるな

師走も半ばを過ぎ、忘年会シーズンもたけなわです。
この機会にアルコールとの付き合い方を考えてみましょう。

現在、国内にはアルコール依存症患者の数が約80万人、隠れアルコール依存症の人は450万人にも上るといわれ、過去20年間で女性の患者が増えているといいます。その理由としては、女性をターゲットにした飲みやすいお酒や安価な商品が増えたことが影響しているとも考えられます。

アルコール依存前期の人は、仕事でプレッシャーがかかっていたり、ストレスが溜まっているとお酒を飲んでしまうのですが、後期になってくると大事なときでもなんらかの理由をつけて飲むようになります。飲酒を禁止された場合、前期では「ちょっとぐらいなら平気なのにうるさいなぁ」と文句を言いつつも抑えられますが、後期になると「わかった」と言いつつも抑えきれずに、相手の目を盗んで飲んでしまいます。
こういった変化からも、依存症の深刻度を伺い知ることができます。

帰宅前や出勤前に酒臭さを消そうとしたり、気づかれないように努力するなど、飲んだことに自覚があるうえで、ごまかそうとするのが隠れアルコール依存の特徴です。つまり、依存していることを否認したがる傾向があります。さらに、酒を飲んで暴言や暴力、セクハラ、お酒が原因での遅刻、無断欠勤など、対人関係や社会人としてのマナーや秩序を乱すような行為に及ぶと、依存症の危険性が高いです。

一度でも記憶をなくす(ブラックアウト)ような飲み方をすると、人間らしい思考や認知機能をともなう脳の神経細胞が傷ついたり死んだりして、脳全体が萎縮してしまう危険があるので要注意です。そのような飲み方を繰り返し、ダメージを与え続けると10~20年後に依存症になる確率が高いので、これらの傾向にある人は“お酒の飲み方”を今一度考えてみてほしいと思います。

ビールと枝豆

(このブログはMSNビューティーの記事を参考にしています。)
スポンサーサイト
 
 

鍋で体を温める

冬の食べ物と言えば、やっぱり「鍋」ですね。
鍋料理の特徴は、何と言っても「体が温まる」ことでしょう。
人間にとって温かい食べ物は、体にもココロにも、とても重要です。医食同源が当り前の香港では、日本より気温が高いにもかかわらず、デザートさえも温かく、冷たいものはあまり口にしないそうです。
内側から体を冷やさない「温かさ」そのものも、私たちにとって良い「医」の効果があります。

体が温まる!
鍋は冬を乗り切る最強の料理方法です。
野菜は煮込むことによって食物繊維が柔らかくなり、生よりも多く食べることができます。さらに、スープにもビタミン・ミネラルが溶け出しているため、スープも味わえる鍋料理は、まさに栄養の宝庫です。
また、野菜に含まれるペクチンは、胃の調子を整えるはたらきがあるので、胃腸薬を一緒に飲んでいるも同然です。「温かい」鍋料理はいいことづくめです。

ココロも温まる!
鍋はどちらかと言えば、ひとりで食べる料理ではなくワイワイと2人以上で食べる料理です。そしてなぜか鍋を囲む時は、会話がはずみます。「あれ入れて」「コレ食べて」と話が続き、時には「笑い」が起こることもあります。「笑い」は体を健康にし、ストレスを解消してくれるもの。
鍋料理は体だけでなく、ココロも温める、ニクイ食べ物です。

症状別おすすめ鍋
冷え性…キムチ鍋
キムチは汁ごと。スライスしたニンニクを入れるとアリシン成分のはたらきで、更に血行が良くなる。
風邪ぎみ…ほうとう鍋
カボチャの豊富なカロチンにより、のど・胃の粘膜を守り風邪を予防。里芋などの根菜類は体の中で温かさが持続する。薬味にとうがらしを入れ、更に温かさがアップ!
貧血・疲れ眼… 柳川鍋
どじょうの鉄分は、ほうれん草より多い。まるごと食べ、カルシウムもとろう。コレステロール値の調整のため、繊維の豊富なゴボウを入れる。
高血圧… 海鮮鍋
エビ・カニ・ホタテ・タコ・イカなどに含まれるタウリンがコレステロール値を下げ血圧を一定に保つ。ただし食べ過ぎには注意!

薬味でバリエーション
わさび…鶏ガラ・カツオだしの鍋に。わさびの辛味成分・シニグリンにより胃酸の分泌を調整。食欲増進。
おろしニンニク…だし仕立ての鍋に。ニンニク臭成分・アリシンは殺菌作用があり、風邪に効く!
バター…味噌仕立ての鍋に。意外にオツ!ビタミンAが豊富で細菌への抵抗力アップ。
一味・七味…ほぼ万能のスパイス。体を温め、新陳代謝を活発にすることで食欲増進、たんぱく質の消化を促進。
いり胡麻…ポン酢仕立てのたれなどに。コレステロールをとりのぞく不飽和脂肪酸により、動脈硬化を防ぐ。

鍋
(このブログはMSNビューティーの記事を参考にしています。)
 
 

牛乳はエコ

牛乳って、成分無調整とか、低脂肪とか、いろんな表示を見ますね。

「冷蔵庫に牛乳のある家庭は、食生活全体のバランスが取れていることが多い」という調査結果があります。その理由に、牛乳は日本人に不足しがちなカルシウムを効果的に摂取できるということがあります。
コップ1杯(200ミリ・リットル)のカルシウム量は227ミリ・グラム。牛乳のカルシウムの吸収率は、小魚や緑黄色野菜などより高く、特に骨量が最大になる20歳前後までに、多く摂取すると丈夫な骨ができあがります。
「牛乳を飲むと太る」という誤解が一部に広がってもいますが、普通の飲み方で太ることはありません。牛乳の効果の方が高く飲用を勧めます。
ただし、「牛乳を飲んだら腹具合がおかしくなる」という人もいます。牛乳に弱いという体質は日本人には結構多いようで、それを嫌って牛乳を口にしない人も多いようです。そんな人は温めた牛乳を少しずつ飲んで慣れるとか、ヨーグルトやチーズなどの乳製品で代替するのも方法です。

牛乳の効果は、栄養コストの点からも注目されています。
厚生労働省の栄養摂取基準を満たすような食事を作る場合、メニューに牛乳を1本加えるだけで、それに見合う栄養を持つ材料を買いそろえるより、全体で1割程度安くなります。料理教室では、簡単でおいしく、しかも節約できる料理に関心を持つ人が増えています。牛乳を使えば、栄養バランスを保ちつつ、食費も抑えられます。

牛乳は、ウイルスの侵入を抑えたり、ウイルスと闘うリンパ球を増やして免疫力を高めたりする効果のほか、便秘や不眠の悩みを緩和する効果も有名です。

購入の際注意したいのは、原材料が生乳100%の商品だけが「牛乳」と表示されていことです。それ以外は、加工乳や乳飲料に分類され、コーヒーやイチゴ風味のものは、乳飲料に該当します。最近スーパーの店頭でよく見かけるカルシウムを強化した商品も、牛乳ではなく乳飲料になります。
コレステロールが気になる人には、脂肪の少ないものがお薦めです。成分調整牛乳はカロリーは低いものの、たんぱく質やカルシウム量には差がありません。成分調整牛乳のうち、乳脂肪0.5~1.5%が「低脂肪牛乳」、0.5%未満が「無脂肪牛乳」に分類されます。
飲み比べて自分にあった牛乳を探し出すのもおもしろいと思いますよ。

牛乳
(このブログは読売オンラインの記事を参考にしています。)
 

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。