スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

骨ケア

骨粗しょう症はほとんど自覚症状がなく、気付いたときにはもう骨がスカスカになってしまった状態のことです。
そして、女性は閉経後はホルモンの関係で、骨密度が一気に下がる傾向にあります。
加齢によって下がってゆく骨密度をどれだけ下げ止まらせることができるかが重要。
つまり、骨の成長期にあたる30代で、いかに骨密度のピークを高く持っていくかが大切。ピーク値ます。骨粗しょう症は高齢者の病気というイメージが強く、20代30代で骨密度を測る人はあまり多くないですが、むしろ若いうちに一度測って、自分の骨の状態を知っておくことは重要です。40代、50代で骨密度が低下しているとわかっても、そこから増やしていくのは大変です。でも、30代ならまだまだやり直しができます。是非一度骨密度を測りましょう。骨ケアは若いうちから始めてこそ効果的です。
骨にはカルシウムが欠かせません。成人では1日に600mg以上のカルシウムが必要ですが、残念ながらカルシウムはどんな食品にもたっぷり含まれているわけではなく、さらに吸収率もあまりよくありません。普段から心してカルシウム摂取につとめてください。
骨ケアにも運動は欠かせません。運動して骨に負荷をかけることで骨に電気が走り、カルシウムが沈着しやすくなるのです。また筋肉が強化されて骨を保護し、骨折しにくくなるという面もあります。若い頃から運動を続けてきた人や、日常生活で体をよく動かしている人は骨密度が高いというデータもあります。
骨ケアには激しすぎる運動でなければ、どんなものでもOKです。毎日できるような運動を長続きさせることが肝心です。これから何か始めるとしたら、ウォーキングがオススメです。地球にはたらく重力で、歩くだけでしっかり骨に負荷をかけることができます。1日1時間を目標に、それがムリならせめて30分多めに歩くことを続けてみましょう。
歩く
(このブログはMSNビューティーの記事を参考にしています。)
スポンサーサイト
 
 

体温と健康

体温が1℃低いと免疫力が30%低下します。
体温が低いことが影響する健康障害の代表的なものが「免疫力」の低下です。免疫とは、さまざまな病気にかかりにくくするための機能のことで、健康を保つためには免疫力は必要不可欠です。ところが、体温が1℃下がるとこの免疫機能は30%も低下してしまいます。さらに、体温が35℃の状態は、ガン細胞が最も活発に増殖する状態であるため、平熱が35℃前後の人はそれだけで「ガン予備軍」のリスクを高めるので要注意です。
そのほか低体温は、高血圧、糖尿病、高脂血症、肝臓病、心臓病、体のさまざまな痛み、メタボリック症候群、アレルギー、肥満、虚弱体質、老化現象、ストレス、うつ、精神的不調といった症状の原因にもなります。現代病のほとんどが、低体温と大きく関係しています。
健康な人の体温は36.5℃前後で、これは免疫力が一番旺盛な体温です。人間の体は36℃に下がると体がぶるっと震えだし、体温を上げようと作用します。35℃はガン細胞が活発に増殖し、34℃は溺水(できすい)などで生命が回復できるギリギリの体温とされています。この例からも、平熱が34℃台の人がどれだけ危ない状態なのかということが理解できると思います。
低体温は病気などの身体的な障害だけでなく、精神的なダメージを与えることもあります。体温が低いのは体が冷えているという状態であり、慢性的な冷え性の人は低体温であることがほとんどです。神経伝達物質のひとつ、セロトニンのおよそ90%は脳ではなく腸に存在することから、おなかが冷えると気分がすぐれなかったり、イライラすることが多く、うつと冷えの関連深さが医学的にも証明されてきています。
雪景色
(このブログはMSNビューティーの記事を参照にしています。)
 
 

正月のお餅

お正月に食べるお餅。ご飯もお餅も、でんぷん質を多く含む穀物は重要なカロリー源であり、人間の食物として欠かせない基本的栄養素です。

お餅100gが235kcalなのに対してご飯100gは168kcal(可食部100g当たり。出典:「2002新食品成分表Foods」一橋出版)。
つまり、お餅は少量効率のよいエネルギー補給食品といえます。マラソンやサッカーなど、持久力の必要なスポーツ選手が試合前によくお餅を食べるのもこのためです。
また、意外にもご飯に比べてお餅は消化がいいのです。というのも餅は十分にもち米を蒸し、その上さらにつき上げるため、ご飯に比べて密度がたいへん高くなっています。それを再び煮たり、焼いたりして食べるので、消化がよいのです。
少量で高カロリーが補え、その上消化もいいとくれば、ついつい食べ過ぎてあっという間にカロリーオーバーになってしまいそうです。お餅と上手につきあうには、運動前や、食欲のないとき、胃が疲れているとき、時間がないときなどに適量を心がけて食べるようにしましょう。

お正月の残りのお餅。明日の朝食にいかがですか。
餅
(このブログはMSNビューティーの記事を参考にしています。)
 
 

冷えは美貌の大敵

「あなたは冷え性ですか?」。こう質問すると、なんと6割以上の女性が、自分は冷え性であると自覚しているそうです。原因は慢性的な運動不足や薄着、夏の間の冷房の影響など、環境的な寒さなどが挙げられます。
しかも、驚くべく事実が判明!
なんと足が冷えていると頬の水分量までもが少なくなるそうで、これは、ヒフ温が低いほど、肌は乾燥する。つまり、ヒフ温と肌の水分量は深い関連性があることがわかりました。カラダの冷えを感じ始めたら、さっそく全身を温め、保湿ケアに傾注すること。
冷えている限り、美人にはなれません。
シミを消したい、毛穴を引き締めたい…。自分で気にしているのは、顔の中の「点」的なものが多くありませんか? 大概、人は自分の欠点をあげる場合、シミやそばかす、毛穴、くすみ、小じわなど「点」的な欠点を気にしがちである反面、他人の第一印象は、肌のハリやつや、目の輝き、生き生き度や血色など、「面」的な要素で決定することが多いそうです。そういえば、「疲れているね」とか「顔色悪いよ」などと、人から言われるのは、顔全体の印象についてがほとんど。
ある調査では、「他人を見たとき若々しく感じるポイントは」という問いに対し、肌のハリやつやがある、目元の輝き、生き生き度、血色感がありつやつやしていること、などの回答が集まったよう。つまり、自分の意識と他人の目線には、大きなギャップがあるのです。小さなシミより、そのたるみと顔色の悪さを何とかすれば、また一歩美人に近づけるのです。
冷えを防いで、血流を良くして美人になる!!
この冬は美しさを点ではなく、トータルで目指しましょう。
結婚式

(このブログはMSNビューティーの記事を参考にしています。)
 

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。