スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

極度の肥満には手術も

肥満が健康を害するという事実は、もう皆さん周知のことでしょう。
食餌療法、運動療法などいろいろな方法で体重を減らすように指導はされますが、最終手段として手術で肥満を解消する場合があります。
これは、肥満による糖尿病、脂肪肝、高血圧など深刻な合併症がある場合に治療方法として採用される場合があります。
方法としては二種類。
胃を手術で小さくして腸とつなげる「胃バイパス術」と胃の上部をシリコン製のバンドで縛る「胃バンディング術」があります。
すでに欧米では肥満の治療方法として実績のある手術ですが、日本ではまだごく限られた病院でしか行われず、費用も150万円~250万円と高価なのが現状です。
手術自体も、開腹手術のため体に負担をかける、胃に巻きつけたバンドの不具合を再手術で調整する場合があるなど、課題は多数あります。
肥満が気になるので手術を…と安易に取れる手段ではなさそうです。

花

(このブログは2008/10/07日経新聞の記事を参考にしています。)

ポリグル・オンラインショップ
スポンサーサイト
 
 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://polyglutamicacid.blog88.fc2.com/tb.php/653-ced19108

 

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。