スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

お酒の適量

お酒の適量
この「適量」というのが大問題です。
「二日酔いにならない程度かな」
「記憶を失う直前でしょ?」
など、人によって解釈もさまざまですが、適量の決め手となるのは血中アルコール濃度です。

体内に入ったアルコールは約20%が胃で、残りの80%が小腸で吸収され、血流に乗って全身を巡る途中、肝臓で分解されます。どんどん分解されれば酩酊せずにすみますが、肝臓のアルコール処理能力は限界があり、1時間で体重1kgにつき100ml程度といわれています。処理しきれなかった分のアルコールは血液中に残り、再び体内を循環します。
血液中にどれだけアルコールが残っているかで酔いの状態が違ってきますが、血流がよくなり、リラックスしたり、陽気になる“ほろ酔い状態”の時には、アルコール血中濃度が0.1%。これ以上濃度が高くなると、ふらついたり、吐き気をもよおしたりと酩酊状態に陥ってしまいます。
というわけで、お酒の「適量」とは血中濃度が0.1%までに抑えられる分量をいいます。

「血中アルコール濃度0.1%」といっても、実際どれくらいの量に該当するのか、ピンと来る人は少ないでしょう。そこで便利なのが、「お酒単位」という考え方です。

清酒1合、ビール大瓶1本、ワイン1/3本、ウイスキーの水割り(シングル)2杯に含まれるアルコールの量はだいたい22g前後。体重60kgの人が30分以内に飲んだ場合、約3時間で分解される量に相当しますが、これを「酒1単位」ととすると、医学的には「1日2単位まで」というのが定説です。例えば、ビール1本(633ml)とワイン1/3本(240ml)飲んだら、合計2単位というわけです。

お酒「1単位」の目安は以下の通りです。この機会に丸暗記しておきましょう。
ビール 1本 633ml
清酒 1合 180ml
ワイン 1/3本 240ml
ウイスキー シングル2杯 ダブル1杯 60ml
焼酎お湯割り 0.6合 110ml

シャンパン

(このブログはMSNビューティーの記事を参考にしています。)



スポンサーサイト
 
 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://polyglutamicacid.blog88.fc2.com/tb.php/656-da5aa7ff

 

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。