スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

秋はキノコの季節

収穫の秋
ということで、皆さん、秋の味覚を楽しんでいますか。

今では年中スーパーに出回っているキノコですが、やはり秋が旬。特においしい野生のキノコは今が食べごろです。
しかし、この野生のキノコ中毒というリスクがあります。
キノコによる中毒患者は年平均200人。しかも、死亡に至るケースも少なくありません。
キノコによる中毒症状は「アマニタトキシン症候群」と呼ばれる強い肝臓・腎臓障害をもたらします。
嘔吐や下痢などの初期症状が現れるまでの潜伏期間が6~24時間と長く、治療が手遅れになりやすく、毒キノコによる死亡例の9割がこの「アマニタトキシン症候群」です。

とにかくキノコの素人判断は危険です。
キノコを食べて中毒症状が現れたら、すぐ病院へ行きましょう。その時、食べ残しや吐しゃ物のキノコを持って行くと処置がスムーズになります。

キノコ

(このブログは2008/10/28日経新聞の記事を参考にしています。)

スポンサーサイト
 
 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://polyglutamicacid.blog88.fc2.com/tb.php/658-125141e9

 

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。