FC2ブログ
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

足が健康の源

医療現場ではいま、足は全身の健康状態をも左右する大事な部位として、ケアの大切さが認識されはじめています。そこで、症状に合わせてフットケアをご紹介します。

タコ・ウオノメ
どちらも、足に合わない靴が原因。足に負担のかからない靴を選びましょう。
タコは、入浴後にスクラブなどでのマッサージを何日か続けながら、タコ取り用の軟膏をつけます。
ウオノメは再発しやすいのが特徴です。つぶさないようにして、患部を清潔にした後ヤスリでこすり、パットを当てて保護します。よく似ている「イボ」はウイルス性なので、わからない場合は皮膚科に相談をしてください。

水虫
基本は清潔に保つことです。白癬菌などが足に定着するには、およそ1日かかるといわれています。石けんを使ってぬるま湯で毎日すみずみまで洗うことです。靴下は裏返して洗濯を。また、家族に水虫の人がいる場合は、マットやスリッパを共用しないこともポイントです。症状がある場合は、市販薬に頼る前に皮膚科の診断を受けることが大切です。

ひびわれ
かかとの固くなっている部分は、傷にならないように、かかと専用のヤスリ(薬局などで手に入る)で削ります。ローションで皮膚をやわらかくし、尿素配合のクリームなどをすり込み、しばらく靴下などをはいておきます。皮膚の生まれ変わりサイクルは28日なので、およそ1ヵ月、ケアをきちんとくり返すことでなめらかになります。

花

(このブログはMSNビューティーの記事を参考にしています。)

スポンサーサイト
 
 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://polyglutamicacid.blog88.fc2.com/tb.php/683-8fcd4148

 

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。