スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

救急救命

隣で人が倒れたら、あなたはどうしますか?
つい先日も「東京マラソン」でお笑いタレントが心臓疾患で倒れましたね。
そんな状況で応急措置は倒れた人の生死を分ける重要性を持ちます。

STEP 1 人工呼吸と心臓マッサージ
1. 意識の確認
傷病者に近づき、耳元で「大丈夫ですか?」「もしもし」などと声をかけ、傷病者の肩を軽くたたく。
2. 救援を頼む
意識がなければ大声で「誰か来てください」と人を集める。そして、「あなたは、救急車を呼んでください」「あなたはAEDを持ってきてください」などと指示。
3. 気道の確保をする
頭部側の片手を傷病者の額に当て、もう一方の手(胸側)の人差し指と中指をあごの先に当てる。これを持ち上げて気道を確保する。ただし、下あごの柔らかい部分を圧迫したり、無理に頭を後ろに反らせたりしないこと。
4. 呼吸を調べる
気道を確保したまま、自分の顔を傷病者の胸側に向け、頬を傷病者の口と鼻に近づける。呼吸の音を確認するとともに、自分の頬で相手の吐く息を感じとる。
5. 人工呼吸を
おこなう
呼吸がなければ、人工呼吸開始。気道を確保したまま、額に当てた手の親指と人差し指で傷病者の鼻をつまみ、自分の口を大きくあけて傷病者の口を覆うこと。息が漏れないようにして、ゆっくりと2回吹き込むのがコツ。
6. 循環のサインをチェック!
4.の要領で、呼吸をチェック。また、体になんらかの動きが見られないか10秒以内に調べる。
7. 心臓マッサージをする
循環のサインがなければ、直ちに心臓マッサージ開始。まず胸の一番下の肋骨を人差し指と中指で触れ、そのまま指を肋骨に沿って胸の真ん中まで移動させる。真ん中の頂点で指を止めたら、もう一方の手の付け根をこれに並べ、平行に置く。上からもう一方の手のひらを重ね、肘をまっすぐにして体重をかけ、胸を圧迫。大人は15回、子どもは5回繰り返す。

STEP 2 AED(自動体外式除細動器)
1. AEDの電源を入れる
AEDを傷病者の横に置き、ケースから本体を取り出すか、ケースを開ける。さらに電源ボタンを入れる。
2. 電極パッドを傷病者の胸部に貼る
傷病者の胸を開いたら、電極パッドの袋を開封してシールをはがし、粘着面を胸に貼る。パッドの一方は、右前胸部に、もう片方は左側胸部に。
3. 心電図を解析
電極パッドを貼り付けると「傷病者から離れるように」というメッセージが流れる。周囲の人たちにも「みんな離れて」と指示。解析が自動的にスタートする。
4. 除細動を行なう
除細動の指示が出たら、作動を開始。「電気ショックが必要です」などの音声メッセージが流れ、自動的に充電がおこなわれる。完了すると、「除細動ボタンを押してください」という音声が。周囲の人を離れさせたうえで、除細動ボタンをオン。
※ 以後、除細動を繰り返すか作動を終了するかは、AEDの指示に従う。

とりあえずの処置を終えたら、あとは救急車の到着を待ってください。

(このブログはMSNビューティー&ヘルスの記事を参考にしています。)

洗面台

スポンサーサイト
 
 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://polyglutamicacid.blog88.fc2.com/tb.php/685-f3e16430

 

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。