FC2ブログ
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

朝型人間になる

起きる時間より寝る時間が重要
朝、起きるのが苦手という人は、朝起きる時間を気にします。しかし、実際には起きる時間より寝る時間のほうが重要です。
でも、睡眠時間が少なければ、朝起きるのが苦手になって当然ぜす。まずは、「朝6時に起きるぞ!」ではなく、「夜11時までには寝るぞ!」と就寝時間の目標を立てましょう。夜、早く寝るようになれば、だんだん朝起きるのが辛くなくなっていくハズです。

「入眠儀式」を大切に
寝る前には、できるだけ頭を空っぽにし、リラックスするといいでしょう。といっても急にできない人は、「入眠儀式」を行ってみましょう。
例えば、夜寝る前にはみがきをする、トイレに行く、本を読む、お香をたく、などなんでもいいのだが、毎日寝る前にそれを行うようにします。すると、「これから眠るんだな」と自分で思うことができ、眠りにつきやすくなります。

寝る環境を整える
寝室があるならその部屋を寝る環境に整えることはできるが、日本の住宅事情では、必ずしも寝室があるとは限りません。いくら寝ようと思っても、まわりで家族がにぎやかにしていたり、電気が煌々とついていればなかなか寝られないものです。
しかし、寝る環境を整えるのはとても大切なこと。たとえ寝室でなくても布団のまわりは照明は間接照明にして、テレビなどは消し静かにするなど、そこが寝室だと思えるような環境を整えましょう。

休日の睡眠に問題アリ!?
普段、朝起きるのがツライと感じている人は、休日になるとゆっくり昼頃まで寝ている、なんてことはないでしょうか。じつは、これが"朝に弱い"の原因!?になっています。
せっかく平日にがんばって朝早く起きたとしても、休日にリズムを狂わせてしまっては、また朝起きるのが辛くなってしまいます。
休日にゆっくり寝ていたい気持ちはヤマヤマだが、睡眠時間がたくさん欲しいときは、夜早く寝るようにし、朝はいつもと同じように起きるようにしましょう。これは難しいけど、ぜひトライ!してください。

花

(このブログはMSNビューティーを参考にしています。)
スポンサーサイト
 
 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://polyglutamicacid.blog88.fc2.com/tb.php/686-c78e9456

 

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。