スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

新型インフルエンザ食物対策

世間は新型インフルエンザで騒動になっていますが、食事での対応策を考えてみましょう。

買い物に出ることが感染のリスクを高めるなら、買い置きで対応しなければなりません。
保存食で対応するなら、缶詰のツナや豆類がお勧めです。
ツナはパスタによく合い、卵焼きに加えると栄養価が高くなります。豆類は野菜と混ぜてドレッシングと合えるだけでサラダになります。
乾物の切干大根やひじきも備蓄しておくと便利です。
切干大根は熱湯にくぐらせて戻し、千切りにしたキュウリやセロリ、ちりめんじゃこと混ぜてサラダにすると煮物とは違う風味が楽しめます。

作り置きでお勧めは、肉団子です。ミンチは豚、鶏、合挽きなんでもかまわないので、ネギ、ショウガ、卵、片栗粉、塩、酒を混ぜ、団子にしてゆでます。冷ましてから、ジッパ付き袋に入れて冷凍すれば2週間はもちます。甘辛あんをからめたり、スープに入れたり、鍋に入れたり、いろいろ応用が可能です。

そして、もしインフルエンザに感染した人が出た場合、茶碗蒸しは食欲のない時でも食べやすいかと思います。少ししょうゆをまぶして下味をつけたうどんやもちを具材に入れると、ご飯が食べられない場合には主食代わりになります。また、冷蔵庫で冷やして冷製茶碗蒸しにしても食べやすくなります。

肉団子

(このブログは2009/05/25毎日新聞の記事を参考にしています。)
スポンサーサイト
 
 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://polyglutamicacid.blog88.fc2.com/tb.php/694-2f11c2b0

 

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。