スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

本当は怖いカビ

梅雨時の悩みの種――それが「カビ」。
しかし、じつをいえばカビと人間は、昔から持ちつ持たれつの関係を保ってきたのです。
例えば青カビが産生するペニシリンは、さまざまな感染症に効く薬として広く用いられてきました。日本酒や味噌、醤油作りに必要な麹にもカビは欠かすことができません。
ところが、最近になってカビと人間の共生関係が崩れつつあります。その証拠に、カビによって起こる病気が増えてきています。これは、感染症の薬が増えたために、カビが薬に対する抵抗力を備えるようになったことが大きいといわれています。なかには複数の薬にも耐え、活動を続ける「多剤耐性菌」というカビもあるほどです。
また、人間の方も病気になると頻繁に抗生物質を使ったり、抗生物質を投与したトリ肉や豚肉を食べたりするため、カビに対する抵抗力を失いつつあります。

カビが起こす病気トップ3は

1位 アレルギー
空中浮遊しているカビの胞子やその代謝物が原因です。空中を漂うカビは花粉よりも飛散しやすいため、なおさらやっかいです。鼻の中に入ったり、食べ物から口に入ったりすると、アトピー性皮膚炎やじんましん、喘息、鼻炎、結膜炎などさまざまなアレルギー性の症状を引き起こします。

2位 夏型過敏性肺炎
「夏になると咳が出る」という人は、夏型過敏性肺炎かもしれません。咳と微熱が続き、やがて高熱が出るのが特徴で、毎年、夏に発症し、涼しくなる頃に治まります。原因はトリコスポロンというカビ。胞子を吸いこむとアレルギー反応が起こり、肺炎になります。古い日本家屋などに住んでいる人はとくに要注意です。

3位 アスペルギルス症
アスペルギルスの別名はコウジカビ。みそ、しょうゆ、酒などの発酵にも使われています。食品、畳、カーペット、衣料品、エアコンダクトなどに潜みます。肺に入ると、気管支肺アスペルギルス症の原因になるカビです。過去に肺の病気を発症している人はとくに危険が必要です。重い病気があって抵抗力が落ちている人、ステロイド剤を服用している人も気をつけましょう。

カビの発生を防ぐには、こまめな掃除と風通しをよくすることが大切です。また、結露を防ぐため、室温コントロールも心がけてください。そのほか、こんな知恵を備えておくと便利です。

● 雨に濡れた靴や傘は、よく乾かしてから収納しましょう。
● 布団や衣類をしまうときは壁にぴったりおしつけず、少し隙間を空けます。スノコをしいてから収納するとさらに効果的です。
● 浴室のタイルの目地は漂白剤を塗布してから、数分後に使い古しの歯ブラシでこすってください。
● 畳の下には新聞紙や石灰を敷いておくと、防虫防湿になります。

梅雨

(このブログはMSNビューティーの記事を参照にしています。)
スポンサーサイト
 
 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://polyglutamicacid.blog88.fc2.com/tb.php/696-8047ae8a

 

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。