スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

弁当男子に続いて水筒男子

弁当男子が流行している話は、既にご存知の方も多いと思いますが、それに続いて『水筒男子』が流行しているそうです。

オフィスで飲まれているのは主に「お茶」と「コーヒー」がメインですが、市販のものを買うよりも、家庭やオフィスで用意しようという傾向が見られます。オフィスにマイボトルで飲み物を持参している人は全体の4割におよび、20代男性と40代女性では、2人に1人がオフィスにマイドリンクを持参しているそうです。

不況の影響からか、「この1年以内」にマイドリンクの持参を始めた人が多く、20代男性では4人に3人がこの時期にマイボトル派に転向しています。堅実な暮らしぶりが特徴といわれる最近の男子にとって「水筒男子」への転向は当然の発想といえそうです。

しかし、「マイドリンク持参」の理由には、「節約」「エコ」以外にもさまざまです。
「夏場でも温かいものを飲みたい」「できるだけカラダによいものを飲みたい」といった飲み物そのものへのニーズもあり、市販のペット飲料ではすくい取れない個人の多様な飲料摂取スタイルが「マイドリンク持参」を後押ししているようです。

一度オフィスを見回して『水筒男子』を探してください。

水筒

(このブログはYahooニュースの記事を参考にしています。)
スポンサーサイト
 
 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://polyglutamicacid.blog88.fc2.com/tb.php/699-18800494

 

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。