FC2ブログ
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

女性にも多い薄毛

最近、抜け毛や薄毛の悩みで来院する患者層の4割が20~30代だそうです。中年層であれば、加齢による原因が考えられますが、本来、毛根や毛髪自体は健康なはずの年代の脱毛症の原因には、生活習慣やホルモンのバランスの乱れが大きく影響していると考えられています。
現代の20~30代の女性のなかには、ホルモンバランスの乱れによって血流が悪くなり、加齢と同じような脱毛の症状が出るのが、最近の傾向です。化粧前に鏡越しに、顔周りの髪の生え際や頭のてっぺんあたりが薄くなっているのに気づいたら、脱毛症の予兆と捉えたほうがいいかもしれません。

女性の場合の頭皮トラブルは、ホルモンと血流のバランスの悪さが最も大きな原因となっているので、まずは生活習慣を見直すことが必要です。

最初に見直すべきポイントは「睡眠」。
夜は日付が変わる前にベッドに入り、質のいい睡眠を取ることが重要です。髪は副交感神経が働き、成長ホルモンの分泌が盛んになる睡眠中に伸びるため、早寝早起きの規則正しい生活はとても大切なです。

次に見直すべきポイントは「栄養」。
食生活においてはバランスよく食べることを意識してください。脂っこいものはなるべく控えて、ビタミンやミネラル、良質なたんぱく質を積極的に摂取するように心掛けましょう。食事の栄養が偏りがちなときはサプリメントで補うのも有効です。
また、たばこの喫煙は血管を収縮させ、血流を悪化させてしまいます。摂取した栄養素の吸収を妨げてしまうので、愛煙家の人は用心をしてください。

ダリア

(このブログはMSNビューティーの記事を参考にしています。)

スポンサーサイト
 
 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://polyglutamicacid.blog88.fc2.com/tb.php/700-9b807000

 

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。