FC2ブログ
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

早起きしましょう

朝起きて、胃や腸が目覚めていれば、自然とトイレにいきたくなるものです。
でも、ギリギリまで寝ていると、どんなことが起きるだろうか?

ギリギリまで寝ている
  ↓
朝食をゆっくり食べる時間もない
  ↓
便意をもよおす間もなく家を飛び出る
  ↓
そのまま仕事についてしまい、ついついトイレにいきそびれてしまう
  ↓
その結果、便秘になってしまう

こうしてどんどん便意センサーが鈍り、便も硬くて出にくくなり慢性的な便秘になってしまいます。特に女性は肌に吹き出物が出たり、お腹が張って痛くなったりします。
朝、排便があるかないかで心身の健康度は大きく異なります。たとえ30分でも早起きして、朝トイレタイムを持つようにしたいものです。

朝、起きられない人は、食事のリズムも狂ってきます。

朝食を食べないまま、家を出る
  ↓
そのまま昼までなにも口にできない
  ↓
昼食を軽くとる
  ↓
夕食の時間に、それまでの空腹を満たすため、がつがつ食べてしまう
  ↓
夜食まで食べることもある。飲みに行った人は、帰りにラーメンなどを食べてしまう
  ↓
翌朝、胃もたれしていて朝食を食べられない
  ↓
悪循環を繰り返す。その結果、太る!

朝食をしっかりとることは、身体のリズムを整えるために、とても大切なことです。「最近、太ってきたなあ」と感じているなら、朝食を抜くのではなく、逆にしっかりとるようにするのが望ましいことです。

いつもギリギリまで寝ていて、遅刻すれすれの生活をしていると、毎回「間に合うかな?」と精神的にかなりの負担をかけることになります。いらいらしながら仕事についても、頭を回転させるまでにしばらくの時間がかかり、結局、仕事の能率を下げてしまうことになります。
ストレスは万病のもと。仕事がデキる人間になるためにも、早起きをしましょう!

朝食
(このブログはMSNビューティーの記事を参考にしています。)
スポンサーサイト
 
 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://polyglutamicacid.blog88.fc2.com/tb.php/706-55d8d2dc

 

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。