スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

依存症

これまで、日本で漠然と○○中毒、依存症と言われていた、自分を破滅に導くような悪習慣。10年ぐらい前から、主にアルコール問題などにかかわっている専門家の間で嗜癖(アディクション)と言われるようになったようです。
では、嗜癖とは以下の様なステップで深刻化していきます。

<Step1>
「ストレス解消してリラックスしたい」
「かっこよく見せたい」など、自分を向上させたいという動機で始めることが多数です。

<Step2>
習慣を繰り返すうちに、陶酔(快体験)を感じるようになります。
「こんなときたばこを吸えばいいんだ」ということを体が覚え始めます。

<Step3>
「ストレス解消のために始めたのに、それがないとかえってストレスがたまってしまう」など、習慣を続けるうちにそれ自体が目的になってしまう状態。
自分の意志では簡単にブレーキがかけられない状態を嗜癖と言います。

<Step4>
最終的に、嗜癖が自分を傷つけます。
もちろん、嗜癖の対象によって早い遅いの違いはあります。体質の違いもあるでしょう。でも、自分は大丈夫と必ず言いきれるでしょうか。
ある日突然、致命的な宣告を受けることだってありえます。

嗜癖には以下の様な種類があります。

●物質嗜癖
たばこ、アルコール、食べ物、薬物など、物質に執着して依存していくことです。
嗜癖の中ではもっともわかりやすく、当てはまる人も多いはずです。
例えば、アルコール依存症は日本には250万人いると推測されていますが、そのほとんどが中年サラリーマンではないかと言われています。統計的には40代後半がもっとも多いようです。

●行為過程嗜癖
最初に述べたパチンコなど、ギャンブル依存症が典型的です。
このほか、最近話題になっている、必要でないものまで何でも買ってしまう買い物依存症。のぞきや痴漢、盗癖、家庭内で繰り返される暴力なども同じです。もちろん、ギャンブルにしても買い物にしても、たまにしかやらないとか、財布と相談しながら計画的にしている場合は別です。お金のかかる趣味が、すべて嗜癖というわけではない

●関係嗜癖
この嗜癖のことを「共依存症」ともいいます。
アルコール依存症の夫を持つ妻たちの中には、夫が飲み代で生活費を使い果たし、酔いつぶれて暴言や暴力をぶつけても、彼らから決して離れようとせず、夫の世話をやくのが生きがいになっている人がいるそうです。
このように、ある特定の人との人間関係に依存し、世話を焼くことでしか自分の価値を認められないことをいいます。
子どもの成績を病的に気にし、塾やおけいこ通いに奔走する母親もこのケースにあてはまるかも知れません。

オフィス街

(このブログはMSNビューティーの記事を参考にしています。)
スポンサーサイト
 
 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://polyglutamicacid.blog88.fc2.com/tb.php/708-ab4186aa

 

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。