FC2ブログ
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

食欲の秋

食欲の秋の季節ですね。
秋においしくなる食材の健康効果を紹介します。

サンマ
【栄養】
サンマの栄養で特筆すべきはタンパク質です。牛肉やチーズより質が優れています。脂肪の多価飽和脂肪酸の中で、EPAには血栓防止効果、DHAは脳に働き学習能力を高める効果があります。貧血に効果のあるビタミンB2、苦めの腹わたにはビタミンAも豊富に含まれています。
【効能】
サンマは胃腸を温め、疲労を取り元気を出してくれます。まさに夏に疲れた体を回復するにはうってつけです。また上記のEPA、DHAは成人病の予防やぼけ防止に効果があります。
【おすすめ調理法】
焼いたおいしさは捨てがたいですが、丸ごと食べるのには炊き込みゴハンや、煮るのもOKです。

ナス
【栄養】
ナスは秋になると皮は柔らかく、実が引き締まりおいしくなります。ナスは94%が水分で、他に食物繊維や糖質が主です。
【効能】
中国ではナスは体の熱を冷ます、血液の滞り(とどこおり)をなくす、はれを取るなどの効果があると言われ、腹痛や下痢、関節炎、口内炎、内痔などの治療に用いられてきました。これらはルチン、エルセチンといった成分の働きであることが最近解ってきています。血管の柔軟性を保つ、出血の防止などその効果が次第に注目されてきています。
【おすすめ調理法】
ナスは油の吸収率が良く、また油と一緒にすると血中コレステロールを抑制する働きが高まるという説もあります。油炒めやしぎ焼きなどがオススメです。またナスは体を冷やす効果も高いので、緩和のためにも加熱して食べるのがいいでしょう。

サツマイモ
【栄養】
熱に強いビタミンCが豊富です。またビタミンEは玄米の2倍、コレステロールに強い食物繊維も多区含まれています。
【効能】
さつま芋は消化器系の働きを高めて、胃腸を丈夫に体を元気にします。気力のないとき、ストレスのために食欲がないときも有効です。また最近のアメリカの研究でさつま芋のベータカロチンやプロテアーゼ阻害物質が肺ガンの予防に役立つことがわかってきました。
【おすすめ調理法】
栄養を丸ごと食べるには焼くことです。焼き芋は最高です。また煮るときにショウガを加えれば消化器系の強化に、レモンを加えると消化器の機能が高まります。

ナス
(このブログはMSNビューティーの記事を参考にしています。)
スポンサーサイト
 
 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://polyglutamicacid.blog88.fc2.com/tb.php/709-76a983fc

 

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。