スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

チョコレートの健康効果

そろそろコンビニにチョコレートの新製品が並び始める季節です。
高脂肪・高カロリー食品のため「鼻血が出る」「太る」「虫歯になりやすい」と何かと攻撃されがちなチョコレートですが、最近になっていくつかの成分が健康パワーとして注目されています。

1.抗酸化作用がある。
人間の体をサビつかせる活性酸素と闘う抗酸化物質(スカベンジャー)には、水溶性のビタミンC、脂溶性のβカロチン・ビタミンE・ゴマリグナン・リコピン、両溶性(どちらにも溶ける)ポリフェノール類などがあります。赤ワインやお茶などと並んでカカオにも豊富なポリフェノールが含まれており、すぐれた抗酸化効果を期待できます。

●動脈硬化の予防作用がある
●コレステロール値を下げる
●がんの発生を抑制する効果がある

がんの発生とチョコレートの関係については興味深いデータがあります。チョコレートをたくさん食べる国では胃がん死亡者が少ないというものです。例えば、一人当たりの年間消費量が最も多いスイスと日本を比較してみると、スイスのチョコレートの消費量は日本の約6倍、胃がんによる死亡者数は約4分の1となっています。その他、アレルギーや胃潰瘍を予防する効果も期待できるという報告もあります。

2.集中力・記憶力を高めたり、気持ちを穏やかにさせる。
チョコレートの甘い香りには集中力や記憶力を高める効果があることがいろいろな実験から明らかになっています。
また、チョコレートにはテオブロミンという成分が含まれており、神経を鎮静させる作用があることもわかっています。「チョコレートを食べると興奮して鼻血が出る」というのはむしろ逆で、ヨーロッパなどでは寝る前にチョコレートを食べたりすることもあります。

3.ミネラル、食物繊維が豊富。
チョコレートの原料であるカカオ豆にはカルシウム、鉄分、マグネシウム、亜鉛などのミネラルがバランスよく含まれています。特に女性に不足しがちと言われている鉄分を、おやつにチョコレートを食べることで補うことができます。また、食物繊維が豊富に含まれている点も見逃せません。

●チョコレートとうまく付き合う方法
意外な健康パワーを秘めたチョコレート。しかし「よかった~、これで思う存分食べられる!」と思うのはまだ早計です。抗酸化作用をはじめ、いくつか体に嬉しい効果を期待できる一方、チョコレートは紛れもなく高脂肪・高カロリー食品です。いつでも好きなだけ食べていいというものではありません。
チョコレートとうまく付き合うために、ぜひ心がけて欲しいのは食べるタイミングです。つまり、チョコレートのカロリーを脂肪として体にため込まずに、筋肉や脳の活動エネルギーとして使い切るようにしてみてはどうでしょうか。
せっかくのおいしいチョコレート。体にいい食べ方をそれぞれ考えてみてはいかがでしょうか。

チョコレート
(このブログはMSNビューティーの記事を参考にしています。)
スポンサーサイト
 
 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://polyglutamicacid.blog88.fc2.com/tb.php/710-38f5fff8

 

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。