FC2ブログ
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

水では太りません

健康な男性は、体の約60%が水分から成り立っている。つまり、体重70kgの人は約42リットルの水を体内に持っているということです。そのせいか、体重を気にする人の多くが「体の水分量を減らせば体重が減るかも…」という誤解をしているようです。

「太る=肥満」は、基本的には体に中性脂肪がたまった状態のことです。
肥満している人は中性脂肪が多い分、体に占める水分量の比率も少ないのです。

人間が生きていくために、水が重要な役割をしているのは皆さんご存知の通りです。体重の6%の水分が減少した時点から、脱水状態による体の不調が現われてくるくらいです。
つまり、
「水を飲みすぎると太る」
「水(汗など)を1度にたくさん出すとやせる」
は間違いです。

ただし、外見的に太く見える原因として体内の水分が関係する場合があります。
典型的なのが「足のむくみ」。 長い間立ち仕事をしていると靴がきつくなるケースがコレに当ります。 また、女性には気になることだが、足が太くなるのも「むくみ」が原因の場合が多いそうです。
では、なぜ足のむくみが起こるのか簡単に紹介します。

1.人間の体内の水は、大きく細胞外液と細胞内液に分けられます。細胞外液と細胞内液は、血管や細胞の壁を通して行き来しています。体内で古くなった水分は、静脈によって吸い上げられ、汗や尿の形で排出される仕組みです。
2. デパートの接客業やデスクワークなど、一定の姿勢であまり動かない人の場合、体内で水分を交換する力よりも、重力の方が強く働いてしまいます。このため、足の細胞に不要な水分がたまってしまうのです。
3. さらに、普段あまり歩かない(動かない)人は、体の基礎代謝(安静にした状態でも消費されるエネルギー)が少なく、脂肪が燃えにくく、汗をかきにくい体になっています。
汗をかきにくいということは、「1」で述べた不要な水分が排出されにくいということです。この水分が、さらに下半身に集中してたまってしい、むくみになるのです。

ですから、むくみを治すには
・こまめに体を動かす(歩く)
・足をあげる
・お風呂上がりのマッサージ
などが有効です。

ミネラルウォーター

(このブログはMSNビューティーの記事を参考にしています。)
スポンサーサイト
 
 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://polyglutamicacid.blog88.fc2.com/tb.php/719-db2ab562

 

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。