FC2ブログ
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

冬のかゆみの原因は?

肌がかさかさになってかゆい!!
冬に起こる「かゆみ」の原因は、“乾燥”の一言に尽きます。もともと皮膚の表面には脂と水分からなる保護膜が張られており、それによって肌の潤いが保たれています。ところが冬になると、寒さのせいで血流とともに皮膚の代謝も悪くなり、脂と水分の出る量が減るため、保護膜が形成されにくくなるのです。

また、エアコンなどの水蒸気が出ない暖房器具が普及している現代では、オフィスビルなどで湿度が20%を切ってしまっているケースも珍しくなく(本来は40%以上を保つのが理想的)、そうした環境による問題も“乾燥から来るかゆみ”の蔓延を引き起こしています。

加えてもう1つ見逃せない問題が、私たちの普段の入浴習慣です。
毎晩、あるいは朝晩2回の入浴時に、ボディソープを塗った体をナイロンタオルなどの硬めの生地でゴシゴシ擦ったりしていないでしょうか? 
一般的なボディソープには「界面活性剤」という洗剤のような成分が含まれており、余分な脂や汚れをしっかり落としてくれるのですが、そのぶん肌が無防備な状態になりやすいのです。そこをナイロンタオルなどで磨いてしまうと保護膜が完全に壊れてしまい、さらにそれが日常的になると、皮膚が保護膜を再生するスピードが追い付かなくなってしまいます。
現代人の“清潔好き”な習慣が、結果的に乾燥しやすい肌を作ってしまっているとは、なんとも皮肉な話です。

そこで“乾燥を防ぐ入浴のコツ”としては、特に冬場は優しくサッと洗うように心がけること。具体的にはボディソープよりも肌への負担が少ない固形石鹸を使い、手で泡立てて洗うのが肌には良いです。むしろ、石鹸も使わずにお湯で洗うだけでもいいくらいです。

清潔に保つということもいいですが、ほどほどにということですね。
スキンケア
(このブログはMSNビューティーの記事を参考にしています。)
スポンサーサイト
 
 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://polyglutamicacid.blog88.fc2.com/tb.php/720-68a4b283

 

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。