スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

鍋で体を温める

冬の食べ物と言えば、やっぱり「鍋」ですね。
鍋料理の特徴は、何と言っても「体が温まる」ことでしょう。
人間にとって温かい食べ物は、体にもココロにも、とても重要です。医食同源が当り前の香港では、日本より気温が高いにもかかわらず、デザートさえも温かく、冷たいものはあまり口にしないそうです。
内側から体を冷やさない「温かさ」そのものも、私たちにとって良い「医」の効果があります。

体が温まる!
鍋は冬を乗り切る最強の料理方法です。
野菜は煮込むことによって食物繊維が柔らかくなり、生よりも多く食べることができます。さらに、スープにもビタミン・ミネラルが溶け出しているため、スープも味わえる鍋料理は、まさに栄養の宝庫です。
また、野菜に含まれるペクチンは、胃の調子を整えるはたらきがあるので、胃腸薬を一緒に飲んでいるも同然です。「温かい」鍋料理はいいことづくめです。

ココロも温まる!
鍋はどちらかと言えば、ひとりで食べる料理ではなくワイワイと2人以上で食べる料理です。そしてなぜか鍋を囲む時は、会話がはずみます。「あれ入れて」「コレ食べて」と話が続き、時には「笑い」が起こることもあります。「笑い」は体を健康にし、ストレスを解消してくれるもの。
鍋料理は体だけでなく、ココロも温める、ニクイ食べ物です。

症状別おすすめ鍋
冷え性…キムチ鍋
キムチは汁ごと。スライスしたニンニクを入れるとアリシン成分のはたらきで、更に血行が良くなる。
風邪ぎみ…ほうとう鍋
カボチャの豊富なカロチンにより、のど・胃の粘膜を守り風邪を予防。里芋などの根菜類は体の中で温かさが持続する。薬味にとうがらしを入れ、更に温かさがアップ!
貧血・疲れ眼… 柳川鍋
どじょうの鉄分は、ほうれん草より多い。まるごと食べ、カルシウムもとろう。コレステロール値の調整のため、繊維の豊富なゴボウを入れる。
高血圧… 海鮮鍋
エビ・カニ・ホタテ・タコ・イカなどに含まれるタウリンがコレステロール値を下げ血圧を一定に保つ。ただし食べ過ぎには注意!

薬味でバリエーション
わさび…鶏ガラ・カツオだしの鍋に。わさびの辛味成分・シニグリンにより胃酸の分泌を調整。食欲増進。
おろしニンニク…だし仕立ての鍋に。ニンニク臭成分・アリシンは殺菌作用があり、風邪に効く!
バター…味噌仕立ての鍋に。意外にオツ!ビタミンAが豊富で細菌への抵抗力アップ。
一味・七味…ほぼ万能のスパイス。体を温め、新陳代謝を活発にすることで食欲増進、たんぱく質の消化を促進。
いり胡麻…ポン酢仕立てのたれなどに。コレステロールをとりのぞく不飽和脂肪酸により、動脈硬化を防ぐ。

鍋
(このブログはMSNビューティーの記事を参考にしています。)
スポンサーサイト
 
 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://polyglutamicacid.blog88.fc2.com/tb.php/722-57a9b7c1

 

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。