スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

春眠暁を覚えず

もうそろそろ春ですね。
「春眠暁を覚えず」と諺でもいう通り、ほっこりした季節には眠気が倍増します。
そんな時こそ早寝早起き。それを実行するポイントを紹介します。


1.好きな音楽やラジオ、携帯の着信音など、自分に合った“目覚ましの音”を使う。
2.カーテンを少し開けておいて日光が射すようにするなど、朝の光を目覚ましに活用する。
3.目覚めたときに体が重く感じられたら、手や足先など少しでも動かせる部位を動かして、体温を上昇させる。
4.冷水で洗顔する。冷水が苦手な人は、清涼感のある洗顔料を使い、ぬるま湯で洗えばOK。「さっぱりできた」と実感することが大事。
5.朝食には、「脳のエネルギー源となる糖類(おにぎり、パン、バナナなど)」「体温を上昇させるタンパク質(牛乳、チーズ、ヨーグルト、卵など)」を摂るようにする。


1.布団に入る3時間前には夕食を済ませる。
2.入浴時はぬるめのお湯(40度くらい)に30分ほど浸かる。
3.入眠時刻~2時間前は、部屋の明かりを控えめ(200ルクス以下)にして過ごす。
4.「ストレッチをする」「ホットミルクを飲む」など、毎日一定の“入眠儀式”を行う。条件反射的に眠りやすくなる効果がある。
5.敷布団は、立っているときと同じ背骨のラインをキープできる固さが理想。掛け布団は保温性と軽さに優れた羽毛布団が良い 。
枕
(このブログはMSNビューティーの記事をを参考にしています。)
スポンサーサイト
 
 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://polyglutamicacid.blog88.fc2.com/tb.php/732-664c3d92

 

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。