スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

ファイト一発!!

朝までに仕上げなければいけない仕事がある、でもちょっと疲れ気味。
風邪気味で朝から調子悪い、でも大事な会議がある。
こんな時、ドリンク剤を1本グイッと飲むと、不思議と元気が出てくるものです。
でも、なぜこんなに効くのか。
「よしっ飲んだぞ」という心理的作用だけなのでしょうか。

そこで、ドリンク剤の成分を調べてみましょう。
商品によって違いはあるのですが、よく含まれているのは以下のようなものです。
アルコール
カフェイン
ビタミン
生薬
タウリン
糖分
アルコールについては、「アルコール0.9ml以下」などと表示してあります。アルコール入りのものは、飲んですぐ元気になりたいという短期的効果を狙うときに効きます。一種の興奮剤のようなものでしょうあ。ただし、効き目がきれるとドッと疲れが押し寄せてきます。
逆に、ビタミン補給のためとか、体の慢性的な不調をなおしたいなら、アルコールがなくビタミンがたっぷり配合されたものを飲むといいでしょう。
生薬とは、ニンジン、ローヤルゼリー、イカリ草などのこと。強壮強精、食欲増進などの作用があります。
最近よく聞くタウリンはカキなどの食品の中に多く含まれるもので、副作用もなく、積極的に摂ると肝臓の機能を高めてくれるものです。さらに血液中のコレステロールを下げて生活習慣病の予防にも役立つという、いいことづくめのスグレモノという話です。近年、薬や栄養剤にどんどん取り入れられるようになってきています(成分表にはアミノエチルスルホン酸と表示されています)。

さて、時々ドリンク剤を飲んでいると気になる「定常的に飲むことによる害はあるか」という点ですが、成分として含まれているアルコールやカフェインは嗜好品であるため、依存症になる可能性があるとのことです。またドリンク剤には、脳の働きを活性化させる(頭をスッキリさせる)ために、糖分がたくさん含まれているものも多く、毎日飲みつづけると糖尿病につながる可能性もあります。
やはりドリンク剤は、ここ一番の勝負の時に飲むのが正しい使用方法のようです。
オフィス街
(この記事はMSNビューティーの記事を参考にしています。)
スポンサーサイト
 
 

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://polyglutamicacid.blog88.fc2.com/tb.php/734-1eda8d26

 

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。